思い立ってリフォーム・・・

パソコンに出会って以来、ミシンから遠ざかっていますが、この前、家を出た次男が置いて行った不用品らしい洋服を資源ごみに出すためにまとめていて、地厚のカッターシャツがあり、あまりにもしっかりした生地だったのでもったいなく思い、エプロンにリフォームしようと、料理教室から帰ってから取り掛かりました。
後ろ身頃を胸当てエプロンにします。

d0031853_8592254.jpg
最後のボタンホールは夜になりましたが、前身頃から紐を取って、できました。しかーし、前の裾のところのカーブが気になってまっすぐに切り取ったところ、なんと丈が短すぎ・・・ミニ胸当てエプロンに。カーブも長さとしてそのままにするんだったと後悔。
 しかしポケットつけ位置も肩ひもの長さも自分の体に合わせたし、それはそれなりに使い勝手の良いマイエプロンになりました。
 たまに(まれに)発作的にこんなしょうもない手仕事を始める私。しかも出来のミシン目が・・・とっても友愛セールなどに縫い物を出せるような腕前ではないことは先刻ご承知・・・。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-01-27 09:02 | 日常 | Comments(2)

Commented by usatyu4 at 2012-01-27 18:11
私もkeikoさんと同じで、パソコンをするようになってから、
全くミシンは使ってなくて最近ではボタンがとれたなおし
なども面倒になりました。keikoさんはやはり日ごろから
よく動かれているから、すぐできるのですね。
↓の1月の料理教室の料理はおいしそうですね。
このような料理は家庭では(私の家の)出来ないので、
いい経験ですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2012-01-27 22:06
usatyu様、ミシン仕事とか縫い物はすぐすぐ完成しないので根気が続かないというのが真相かもしれませんが、たまたまこの日は珍しく夫が外食したので、なんとか完成できてよかったです。
料理教室のはどれもみんないつもおいしいのですが、特にドリアはすぐにも作ってみたいと思いました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 尾道の商店街を歩く 料理教室で >>