非常食を食べてみる


d0031853_0494227.jpg
缶詰類の置き場にこれがあったのですが、ふと見ると、賞味期限が来ています。これはご町内の集まりの時だったかにお土産としていただいたものであったような気がします。1個だけでは防災グッズといってもなあ。ということで主婦一人のお昼に試食してみることに。

d0031853_0513570.jpg
「3分間待つのだぞ」くらいで出来るものとおもっていたらあにはからんや、熱湯でも20分、非常時のお水だと50分間も待たされることがわかりました。いざ、と思ったら長い時間。

d0031853_0531759.jpg
待ちきれないよお、とちょっと短めで開けてみたらこのくらいの分量でした。熱湯をそそいでからもっとそこからかき混ぜてないと、下の方にお醤油がたまっていたのか、茶色でした。時間が足りなかったのか少しぼそぼそでした。カップラーメンを思っていたらだいぶ勝手が違います。五目御飯ということでしたが味はまあまあ。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-02-17 00:55 | 料理 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 若い人に伝えたい―戦争体験談を... 我が家の晩ごはん >>