我が家の晩ごはん


d0031853_225878.jpg
3月1日(木)の晩ごはんです。この日は、生協の骨なし皮なしの冷凍鮭が来ることになっていたので、いつもアラでしている粕汁を、身だけでしました。酒粕が2回分残っており、あまり暖かくなりすぎないうちに使い切らないと。あと1回分、寒そうな日にしようと思います。お雑煮椀にたっぷり入れてシンプルな献立です。我が家の家庭菜園で取れた大根で作った柚子大根のお漬物と。
 (しかしこういう晩ごはんを作っていると、翌日のお弁当のおかずがなかなかできません。鮭は粕汁に使った残りに塩コショウしてフライパンでムニエルにしてお弁当にしましたが、野菜の煮物とかきんぴらとかの和定食にしておかないと・・・)

d0031853_228214.jpg
3月2日(金)の晩ごはんです。この日は友の会のリーダー会だったので、朝、スープ煮を作って鍋帽子をかけて外出していました。鶏の手羽元1人前3本と、じゃがいも、人参、玉ねぎ、大根、キャベツ、(あ、キノコを入れるのを忘れていました)、ベイリーフ、固形スープの素と塩・コショウで味をつけるシンプルで薄味な煮込みです。サラダには茹で卵の代わりに先日神戸の南京町で買ってきたピータンを入れています。夫が6個も買った物だから、まだあと1個あります。
たまたまこの日会議中に、婦人之友社の新刊本『魔法の鍋帽子』の予約分が到着しました。1,575円、会計の締めが近かったので前払いしてもらっていたのでさっそく居合わせた人にお配りしました。
 終わって帰り道、本屋さんに書籍の支払い、そしてスーパーで、翌日の買い物。3月3日だからお雛様のお寿司、最初は先日料理教室で習ったふくさ寿司、手まり寿司、いなり寿司の予定だったのですが、途中でやはりご近所の1人暮らしの高齢者にも分けるためには、いつものバラ寿司の方がいいと思い直して、穴子やエビ、藻貝、酢魚用の鰆などを買いました。(かんぴょうを忘れました)

d0031853_2334664.jpg
3月3日(土)の晩ごはんです。
 この日は民生委員の定例会だったので、出かける前に寿司飯に混ぜ込む具の野菜だけは煮て行きました。牛蒡、人参、タケノコですが、かんぴょうを忘れたことにここで気づきました。昼食後の2時ごろからご飯を炊いたり、藻貝、椎茸、蓮根、きぬさや、エビをそれぞれに煮て、4時ごろ、錦糸卵が途中でしたが3人分のパック詰めをこしらえてお届けに歩きました。そのうちのおじいさんだけは、電話しても玄関のベルを押しても中に入って呼んでも2階にいることはわかっているのに聞こえないらしく応答が無く、メモを置いて帰りました。
 1人暮らしのおばあさんにお届けしたら、まあお雛様を飾ったから見て、と、お座敷に通されると、以前ご自分で作られたという素敵な木目込みのお内裏様が2組と、市松人形も自作というのが飾られていて、見事な出来栄えにほーっと拝見しました。
 息子たちが5時ごろ来たので、錦糸卵の続きをお嫁さんに作ってもらい、私はハマグリのお汁とほうれん草の胡麻和えにかかりました。(実はここで菜の花を使うつもりだったのにまたすっかり忘れておりました)
 お嫁さん、薄焼き卵の作り方がだいぶ上達したし、錦糸卵に切るのもとても丁寧で細いのが出来ました。
 お汁に三つ葉を入れすぎで三つ葉の香りしかしないと息子に言われてしまいましたが、久々のお寿司でした。あとで家計簿をつけるときにお寿司の単価を出してみましたら、米5合で約10食とれ、米と魚介・野菜の具合わせて330円で出来ていました。
 お皿に盛るときにあっと気付くと、お届けしたパック詰めの分は紅ショウガを忘れていました。残念。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-03-04 02:53 | 料理 | Comments(5)

Commented by yassy127 at 2012-03-04 11:04
春らしい食材が季節感いっぱいの食卓ですね。
スープ煮はいつも大きなキレで作っていましたが、ちょっと前に鈴木登紀子さんが小さく切った方法ですることをNHKでやっていましたので、以来ずっと一口大の小さめに切った野菜を使っています。
これはとっても食べやすくてベーコンを使うと20分でできてしまいます。薄味でとってもいしいです。ご参考までに。
Commented by とんとん at 2012-03-05 08:48 x
お寿司 美味しそうですね。
我が家も 桃の節句は ばら寿司でした。
と言っても、実家から分けてもらいました。

両親がお寿司作りが大好きなので、
取りにいった時には すでに完成してました。
たくさん作って ご近所や親戚に配るのも楽しみなようです。

野菜嫌いの主人も 混ぜ込んだ根菜なら食べられるので、
ばら寿司は 本当に助かります(^o^)
Commented by kurashiki-keiko at 2012-03-05 12:35
yassy様、一口大だと20分ですか。あらまあ。それだとすぐに作れそうですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2012-03-05 12:37
とんとん様、ご両親に頼っていないでご自身でも作ろうとされる方がいいと思いますよ;私は以前書きましたが、新婚のころに義母が入院し、退院の日になんとかお祝いしたいと思って、料理本を頼りに初めて作ったのがきっかけでした。下手でも作り続けるうちになんとなく出来るようになりました。
バラ寿司だと知らず知らずに根菜類が沢山食べられるのはいいですよね。
Commented by とんとん at 2012-03-05 22:18 x
お義母様の退院祝いに作られたというエピソード、心温まります。
そうですね。自分から作ってみることは大切ですね。
これから頑張ってみます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 勝山のひな祭り タオルかけとドア―大工さんに来... >>