誕生日にはお赤飯―

 写真を撮るのを忘れましたが、11日の夕食はおでんと、大根、人参、きゅうりの千切りの和風サラダでした。
お嫁さんは相変わらず切るのがなかなかなのですが、練習よ、と切ってもらいました。野菜の千切りと言っても、きゅうりは斜め切りに薄切りしてから千切りにすること、にんじんは4㎝位に切ってから繊維に沿って薄切りにして千切り、そしてビタミンCを壊す酵素があるそうなので熱湯にさっと通すこと、大根は太いので切り口を上に、切り株の上から切るようにすると平らなので薄切りがしやすいこと、それから千切りにすることなど。ちょっとやり方だけ教えておいて、私は配膳。
 孫はあまりおでんの大根だとかがんもどきなどを食べてくれず、代わりに作ったオムライスもあまり食べず、でした。

 食後、お嫁さんが「ゆう君の誕生日(今週)には赤飯を作りたいんですが、作り方を教えてください」というので、それはいいことだと、昨年友の会の講習に何度もしたお赤飯レシピの自作プリントを分けて、作り方を詳しく教えました。

d0031853_2316111.jpg小豆はあらかじめ水に浸しておかなくてもいいこと、渋きりと言って一度煮こぼすこと、煮てから赤い水とあずきを分けておくこと、それだけは朝のうちにしていてもいいことなどなど。

d0031853_2318283.jpg

d0031853_23194699.jpg

d0031853_2320594.jpg

d0031853_23202043.jpg
わが子の2歳の誕生日に赤飯を作ろうとしているお嫁さんがとてもうれしくて、うまくできるといいなと思います。うまく伝えられたかしら。聞いてくれてうれしかったです。
(写真は友の会の講習会などのもの)
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-03-11 23:21 | 料理 | Comments(2)

Commented by a-hana at 2012-03-12 16:46 x
kurashiki-keikoさま、はじめまして
倉敷のお方と知って失礼ですがついコメントしました。
出身は島根ですけれど、ご先祖が備前岡山藩士でした、今も墓所は岡山市の東山にあります。
ちょっと足を伸ばすと倉敷でお墓参りを兼ねてよく訪ねました、前回の記事の沢山の写真を懐かしく見せて頂きました、これからもお訪ねして拝読したいと思っていますので、よろしくお願いいたします。
ブログの上に「似ているブログ」欄がありましてね、そこからのお訪ねでした、失礼でした。
Commented by kurashiki-keiko at 2012-03-13 16:55
a-hara様、初コメント、ですね。うれしいです。岡山の東山墓地といえば老舗?墓地ですね。
 倉敷にもたびたびいらっしゃっている由、ありがとうございます。ただし、美観地区周辺を歩くのもこのごろは夫の気の向くままなので、次回いつになるやらわかりませんが、たびたびご覧いただけるとうれしいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 歌いこなす努力中 倉敷美観地区を散歩して >>