沖縄の旅 その1 石垣島


d0031853_529136.jpg
3月28日(水)午前10時10分に岡山空港を離陸して2時間かけて那覇空港につきました。

d0031853_526553.jpg
ここで約2時間の乗り継ぎ時間がありましたので、いったん到着口から空港ロビーへ出ました。





d0031853_530159.jpg
沖縄郷土料理の店へはいり、こちらを。タコライス丼、850円。よくわからずなるべくカロリー少な目、と思ったのですが、ドライカレーに千切りレタスが乗ったみたいな感じでした。

d0031853_5333462.jpg
空港ロビーで、普段なら通過するかもしれないのですが、なんだかのどが渇いたので、夫はマンゴー、私はアセロラハイビスカスのフレッシュジュースを。マンゴーは期待外れのようでしたが、私のはおいしかったです。

d0031853_5353245.jpg
石垣空港に着いたのは午後3時10分ごろのことでした。
そのままホテルにチェックインするには早かったので、タクシーで川平湾に行きました。

d0031853_5383388.jpg地元の様子も知りたいので運転手さんとお話ししながら行きました。そこらがレンタカーとは違うよいところ、のはずだったのですが、何しろ沖縄方言が入っているので、向こうは一生懸命標準語のつもりで話してくれているようなのになかなか、半分くらいしか理解できず。
(ちなみに川平湾からホテルまで行ってもらって約7,000円くらい)

d0031853_5403691.jpg
川平湾には夫は3度目か4度目だったそうですが(社員旅行含む)、本当にきれいな海の色です。

d0031853_5413310.jpg

今回は初めてグラスボートに乗ってみました。

d0031853_5421912.jpg
私3人連れの人が乗り込んで、いざ出発。
・・・「どちらから?」とお聞きすると、「鳥取から」だそうで、「あら、お隣の岡山県からです」というと、「岡山、雪降ってなかったですか?」「倉敷は降ったことがないです。県北は降ったようでしたが。(ニュース映像の、日本一古い木造校舎、吹屋小学校の終業式は雪が降っていたのを思い出す)」・・・
「鳥取は家を出るときは一面真っ白で、ノーマルタイヤだとちょっと危なかったです」とのこと。なのに彼らは半そでに素足にサンダル。「こちらは短パンにビーチサンダルでいいとのことだったので」・・・
私たちは家を出てから石垣で2枚脱ぎました(薄いシャツの重ね着をしてきたので)

d0031853_553693.jpg
川平湾の中のポイントをいくつかまわって、たくさんの種類のサンゴやおさかなたちが泳ぐのを見せてもらいました。

d0031853_5551068.jpg
あのアニメーション映画になった「ニモ」のクマノミだとか鮮やかな色のお魚たちがサンゴの間を悠々と泳いでいました。サンゴも、木の枝状のものだけでなく、ビロードのようなフリルのあるものだとか、まるでしいたけを逆さにしたようなものだとか様々。そして死んだサンゴの枝が累々と海底にはあって、白い砂の正体はこのサンゴのかけらなのだそうでした。白い砂に反射してどこまでも海の色はブルーのきれいな色でした。


ホテルに着いたのは午後5時ごろでしたが、とても込み合っていて夕食は予約してほしいとのこと、しかも時間はステーキレストランのほうが7時半、和食・郷土料理のほうが8時でないと取れないとのこと。仕方なく8時を。

d0031853_6111582.jpg
前菜。カモ肉ローストその他。

d0031853_6114630.jpgお刺身、タイとマグロでした。・・・

d0031853_612216.jpg肉は石垣牛。とてもやわらかくてソースもおいしかったし、温野菜がまたよかった。

d0031853_6131697.jpgアーサー(アオサ)の入った茶わん蒸し。しかし夫は量の少なさに不満そう。

d0031853_614243.jpg黒米ごはんと沖縄そば。そばが吸い物代わりでした。

d0031853_6151197.jpgフルーツ盛り合わせ。パッションフルーツ、ドラゴンフルーツ、パイナップル、メロン、スイカ。私はパッションフルーツは初めてでしたが、どろっとした酸味の強いものですね。ドラゴンフルーツはあっさりしていてそれほどおいしいとも思えなかったし、パイナップルがこの中では好きです。
・・
それにしても、このお高いコース料理は大失敗。
単品でこれはと思うのを組み合わせたほうがずっと地元らしい食べ物をいただけたし、盛り付けをしていて冷蔵してあったのでしょう、冷えていて(夏場ではないのですから)ステーキ以外は今一つ。。。

いつも思うのですが、旅行業者さんは張り切って立派な建てられたばかりのだったりするホテルを選んでくださるので、おかげさまでLANが部屋にありこうしてブログもできるわけですが、地元の風景を切り取り、環境を破壊し、外からきたお客ばかりで地元の人と触れ合う機会はまずなく、郷土料理といってもシェフが地元の食材を使って腕を振るったもの、・・・どうなのか、と思います。
こんな贅沢な旅をさせてもらって申し訳ないと思うのですが。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-03-29 05:59 | | Comments(4)

Commented by hokkori-hime at 2012-03-30 09:52
おはようございます~
わぁ~いいなぁ、沖縄旅行ですか。
春を通り越して夏ですね。
Commented by tumugihime at 2012-03-31 00:04
石垣島・・・素敵な島ですよね。また行きたいです。
夫が川平湾で泳いだことを思い出します。
民宿での「ゆんたく」が楽しくて・・・ホテルにはない良さがありました。
晴れて良かったですね。お気をつけて旅を続けてくださいね!
Commented by kurashiki-keiko at 2012-03-31 00:43
hokkori-hime様、「春を通り越して夏」のつもりではありましたが、冬の終わりから晩春か初夏へ、という感じの気温でした。
Commented by kurashiki-keiko at 2012-03-31 00:44
tumigihime様、残念ながらお宿は民宿ではなくてホテルで、おっしゃるような良さが味わえずじまいでした。
これまでのところ晴れから薄曇りでよかったです。

<< 沖縄の旅 その2 日本最南端 ... 明日から旅に出ます。 >>