沖縄の旅 その3 波照間島から石垣島へ


d0031853_3324151.jpg
日本の最南端、波照間島のただ一つの泳げる浜、西浜の朝8時少し前です。

d0031853_3332947.jpg
製糖工場からは煙が上がっています。離島でもこのサトウキビは政府買い上げのようで安定した収入が得られているそうですが、例のTPPが発効すると海外から安い砂糖が入ってきて大打撃をこうむるのではないかと懸念されているそうです。





d0031853_3351574.jpg
「ペンション最南端」の朝食です。果物にリンゴがついていましたが、はるか遠くから船で運ばれてきたものと思うととてももったいないと思いました。(とはいえ日本の食料自給率を考えると本土でも似たようなものかも?)

d0031853_3363472.jpg
午前中は島内のドライブをもう一度。広いサトウキビ畑が広がっているのに、人が働いているのを見たのはここだけでした。行同作業が主なのでしょうか。

d0031853_3374626.jpg
集落を外れると家は1軒もなく、人と出会うことといえば地元の人は軽トラですし自転車で走っているのは観光客ばかりです。

d0031853_34933100.jpg
港でレンタカーを返し、ターミナルの建物の待合室へ。

d0031853_3512265.jpg
幸い船は出るようです。
待ち時間にアイスコーヒーを売店で注文したら「コーヒーは切らしていてねえ。オレンジジュースなら」とのこと。前日は私たちまででそばが品切れでしたが、ここでも離島の物資の乏しさを実感。大変なんですね。

d0031853_3541069.jpg
船が来て乗り込むと、・・・

d0031853_3544721.jpg
予想通り、前日にも増して荒い波風に船は大きく上下に揺すぶられ、ふわっと浮き上がったかと思うとドドンと落とされ、船底を打つ振動と音が大きく、それの繰り返し。そして窓を洗う波しぶき。

d0031853_3572695.jpg
なんとか石垣港へたどり着きました。ほかの船に手渡しで物資を運びこむ様子を見ると、離島航路にこのような運搬手段の大切さがよくわかりました。

d0031853_3585399.jpg
石垣市の中心部で食べたお昼は海鮮丼でした。コーヒー付きで600円。

d0031853_3595097.jpg
翌日昼に飛行機に乗るまで1日契約でレンタカーを借りました。これまで行ったことのない東部海岸線沿いに北上することにして、この道街路樹は波照間の屋敷林になっていたのと同じ樹種です。なんという木なのかは気になりましたがわかりません。

d0031853_413991.jpg
だいぶ行くと、「玉取崎展望台」という案内板があり、観光地らしいので行ってみることにしました。

d0031853_425369.jpg
やっぱり、行ってみると素晴らしい眺望でした。
そして、作業服姿の地元の男性2人、観光客ではなさそうなのでしたが、聞けば・・・

d0031853_435350.jpg
向こうににょっきりと立った2本の棒くいみたいなの、実はこれが100年に一度咲くといわれているリュウゼツランの花のつぼみなのだそうでした。「まだちょっと早かった」と言われていたわけがわかりました。

d0031853_453030.jpg
そこの駐車場に商売をしていたこちらは、大阪からこの石垣島の自然の中で子育てをしたいと移住してきた中島さんという人の車でした。タコ焼きをするつもりで来たそうでしたが、私たちが注文したのはかき氷でした。

d0031853_47828.jpg
さらに北の端を目指して走っているとパイナップルの直売所が目につきました。

d0031853_474463.jpg
畑で熟した地元産のパイナップルは小ぶりでしたがとても甘くておいしかったです。

d0031853_413341.jpg
午後4時20分ごろ、やっと着きました。石垣島の北の端っこです。駐車場には10台くらい?結構多くの車がいて、岬の橋を目指して歩いてきていました。

d0031853_4215958.jpg
こちらのタチアオイは本土では7月ごろに咲く花だと思うのですが3月末にこの石垣では咲いていました。

d0031853_4225472.jpg
レンタカー屋さんの駐車場に車を置かせてもらって、街を散策。商店街です。

d0031853_4233889.jpg
この日の夕食はこちらにしました。漁師さんみたいな紺の前掛けをした威勢のいい男性ばかりがいるお店で、一期一会をもじった「一魚一会」というお店。

d0031853_4254628.jpg
店内はこんな感じ。6時半に行ったときには2,3組のお客でしたが、帰るころには満席になっていました。

d0031853_4264134.jpg
ここでないと食べられないものと思って注文したお刺身。青い皮のついたのがエラブチャー、白いのがガーラ、だそうでした。新鮮でおいしかったです。

d0031853_428975.jpg
三線と歌のライブが始まりました。「涙そうそう」やら私が「花」(滝廉太郎のではありません、念のため)のリクエスト、最後に「島唄」でした。

d0031853_4301714.jpg
3枚の木片をとじ合わせた沖縄風カスタネット(「三板(さんば)」というらしい)を配られて、「チョキの形にして指に挟んで」と教えてもらい、お囃子風に鳴らしました。にぎやかで客席が一体になってよかったです。

d0031853_4321840.jpg
こちら、マテ貝の炭火焼き。

d0031853_4324847.jpg
グルクンのから揚げ。

d0031853_4332144.jpg
タコのから揚げ。これは下津井でも取れるのだから何も沖縄で食べなくても、と思ったけれども夫が注文。

d0031853_434218.jpg
アラ汁。

d0031853_4345857.jpg
周囲の人がそうめんを注文していたので、「ソーメンチャンプルー」というとそれはないとのことで、こちらゴーヤちゃんプルー」ここでもゴーヤが苦くないのでびっくり、何がコツで苦くないのでしょう。
ちなみみ以上でお勘定は2人分で4,830円でした。お酒は飲まないでサンピン茶(ジャスミン茶)だったこともあるでしょう。

d0031853_441248.jpg
明るいころに入ったのに、あたりはすっかり暗くなっていました。。。
1泊目のホテルをまたとってもらったのでチェックインしました。
おかげで室内にLANケーブルが引いてありネットができました。

石垣市 石垣市
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-03-31 03:42 | | Comments(2)

Commented by tumugihime at 2012-03-31 22:19
こんばんは~!
船で行くしかないのですね。波照間はやはりなかなか行けそうもないです。船に弱い私です。
夫が学生の頃に行った波照間は、1週間に一度だけしか船が出ていなくて、日帰りするか1週間滞在するかしかなかったようです。あ~でも行ってみたいです。
石垣はなつかしい風景をたくさん見せていただきました。沖縄の居酒屋は楽しいですね。しかも安くて驚きます。
石垣焼き窯元に行かれましたか?その他沢山の窯元巡りが楽しかった思い出です。
沖縄の旅、お気をつけて楽しんでくださいね!
Commented by kurashiki-keiko at 2012-04-01 04:07
tumugihime様、そうですねえ、船に乗るにはちょっと度胸がないと少し荒れると怖いと思います。
居酒屋は面白かったです。写真の後ろ姿は女性の一人旅のようでしたが家族連れや友達同士という感じのお客もいて様々でそれもまたよかったかと思います。
窯元巡りですが残念ながら私はしていません。

<< 沖縄の旅 その4 石垣から那覇へ 沖縄の旅 その2 日本最南端 ... >>