沖縄の旅 その4 石垣から那覇へ

 2012年3月31日(金)、石垣島のホテルで朝食をとっているとにわかに激しく雨が降り出しました。これは行動しにくいな、と思っていましたが、幸い9時ごろにはほとんどやんで、レンタカーで11時半に車を返すまでに少し観光することにしました。
 最初に行ったのは、カーナビを見ていて、石垣市立八重山博物館でした。建物の前の駐車場の脇には、こんな石碑が建っていました。

d0031853_4152331.jpgd0031853_4155097.jpg
「人頭税」という言葉は聞いたことがありましたが、このようにして碑にして忘れられないようにという思いが伝わってくるようでした。

d0031853_4195980.jpg
博物館は私たちと、リュックを背負った外国人が一人来ていただけでひっそりとしていましたが、この地の弥生時代?からの土器に始まり、お祭りのときの衣装や飾り物、神様へのお供えの道具、織物、機織り道具、農機具、船(サバニ)の実物や模型、元大工さんによる建物の精巧な模型、家の形をした沖縄独特のお骨入れ?、洗骨という習慣の説明、花嫁行列の様子を示す人形などなど、かやぶき民家から鉄筋への移行とともに捨てられていった道具が集められてきたとのことでした。
 私や夫にとってもちょっと懐かしい生活道具も中にはあり、昔はこんなの使っていたね、と話しながらの見学でした。





d0031853_4255523.jpg
d0031853_4261366.jpg
次に向かったのはこちらの建物です。建物内ではお茶のお稽古をしている女性たちがいて、受け付けは90代かと思われるおじいさんが200円の見学料を受け取り、簡単な説明をしてくださいました。
 それによると、沖縄は戦争の時に、首里には立派な民族遺産があるから爆撃しないようにしようとアメリカが意図していたのに、陸軍がそれを利用して本部を首里城の下に置いたものだから跡形ないまでに攻撃を受けてしまった、それで若者に根無し草みたいに先祖のことがわからなくてはいけない、というので本島から離れたこの石垣島の建物を文化財に指定して残そうとしたのだそうでした。
 本土は穏やかな四季に恵まれて細かな細工のある建物などになっているが、沖縄では台風の強風から守るために平屋が鉄則、普段は壁もなく開け放してあり、台風が来れば雨戸をぐるりに閉めるという構造のようです。

 12時35分初の飛行機に乗るため、レンタカーを11時30分に返却、空港まで送ってもらいました。

d0031853_4365817.jpg
石垣空港の食堂は空港のにしてはメニューが今一つ、軽くお昼、にはピラフかサンドイッチかそばくらい、でそばにしました。

d0031853_4382792.jpg飛行機が飛んでくるのが遅れたそうで、20分ほど搭乗開始が遅れ、その間に石垣と那覇の気温を携帯でチェックしてみました。
d0031853_438437.jpg沖縄県は範囲が広く、那覇と石垣は東京・大阪間くらい離れていると聞きますので、気温もかなり違います。ちなみに
d0031853_4434852.jpg

沖縄県の天気はこんな風に分かれていることを知りました。


d0031853_4484256.jpg
那覇につきました。翌日のレンタカーを予約してから、この日は午後3時過ぎから3時間くらい国際通り周辺をぶらぶら歩きました。

d0031853_4501819.jpg
街には貝殻とかガラスとかを使ったストラップ、ミサンガ、などのアクセサリー屋さんも多くあり、その他は泡盛の店だとかちんすこうなどのお菓子を売る店、琉球ガラスの店など観光客向けの雑貨店が多く並んでいます。

d0031853_4523862.jpg
夫が「面白そう」と、国際通りから直角に南へ入る「平和通り」といういかにも下町風のごちゃごちゃした通りへ入っていきました。

d0031853_4541757.jpg
こちら、電柱をよりどころにした商売。
・・・ちょっと国際通りから離れたので、喫茶店で一休みしてまた国際通りへ。

d0031853_4553480.jpg
こちらは沖縄名物「シーサー」のお土産のコーナー。

d0031853_459381.jpg
こちらは「トロンボーン」だという、竹笛の下にある細い棒を上下すると音程が変わるという竹笛を売っていました。

d0031853_504016.jpg
こちらは「塩(まーす)屋」さん。塩の専門店とは驚きでした。世界中の塩やら、岩塩を加工したランプシェードやら、いろんな風味づけをした塩やら塩石鹸やらを売っていました。

d0031853_523663.jpg

私が探していたのはこれ。ご存じ「明日のジョー」の最後の場面のお人形です。
前回明日のジョー好きな次男に見せた写真は「向きが逆」だといわれたので今度こそ、と探したら、以前は表通りの歩道のベンチに腰かけていたのに、今回は右腕を負傷していて、「さわらないでください」と腕に張り紙がされていて、表通りからちょっと入ったところに満身創痍?でいました。それで写真のほうもちょっと時代がかったフィルターを付けてみました。どうでしょうか。

d0031853_5102595.jpg
5時半ごろとなり、ずいぶん歩き回って疲れもしたので、そろそろ晩御飯が食べられるところは?と探していたら、若いお兄ちゃんの客引きに呼び止められました。気づけばビルの上のほうのレストランの客引きのお兄ちゃんたちがメニューの写真を持ってそこここに立っています。その説明によると、全品500円、特に自分もおばあちゃんによく食べさせてもらったモズクの天ぷらがおすすめ、家庭料理だからというのです。「怪しげな店だったらどうしよう」と半ば不安もありましたが、そこに決めてエレベーターで5階へ。(火事になったらと思うとちょっと怖かったけれども)
入るとそこは割合広くて、それにしても時間も早かったので私たちが最初のお客でした。

d0031853_5144488.jpg
隣の席とはこんなのれん風の仕切りがありました。

d0031853_5174429.jpg
なるべくこの地でしか食べられないもの、と頼んでお通しの後最初に出されたのはこの「豆腐よう」。豆腐の赤麹漬け?。お酒っぽい風味がしたしっかりした味でした。

d0031853_5194864.jpg
こちらはおなじみ?「ジーマミ豆腐」。ピーナッツ豆腐だそうですが私は初めて。ねっとりした食感。

d0031853_5205676.jpg
サラダです。海ブドウとマグロの刺身が入っていました。

d0031853_5213860.jpg
前夜石垣島の居酒屋で食べられなかった、ソーメンチャンプルー。おいしかった。

d0031853_5223629.jpg
ほんとうは「ヤギ汁」が食べたかったのですがなかったので、こちらは「なかみ汁」。何の中身かというと、豚さんの臓物だそうでした。が、カツオのお出しみたいな味のあっさりスープでとても意外な感じ。中に腸の切れ端みたいなのが入っていましたけれど。ヤギ汁というのは地元紹介のビデオか何かで見たのですが、どうもハレの日のごちそうかもしれません。波照間島で多くのヤギが飼われていたのは乳を搾るのとやはり食用にもするためと思われました。

d0031853_5261884.jpg
写真を忘れましたが、「やわらかラフテー」を私が頼みましたが夫はいらないといい、その代わりにグルクンのから揚げがほしい、と言うのでメニューを見たら天ぷらしか書かれていないように見えたので「天ぷら」を注文しました。こちらは切り身の天ぷらでした。しかしよく見たらちゃんとから揚げもメニューにはあり、骨ごとかじるのが好きな夫に申し訳なく思いました。
 ともかく、これだけ食べて飲み物はサンピン茶で、2人で5,400円でした。
お店の名は「琉球楽園ダイニングOhana」といいます。


d0031853_5304529.jpg
というわけで、まだまだにぎやかな国際通りを後に、ゆっくり歩いて帰りました。

d0031853_5313279.jpg
蛇足です。「派出所」という舌をかみそうな名前から「交番」という表記に代わって何年か。「KOBAN」というローマ字表記の建物。認識不足でしたが、KOBANは世界各国でも知られた日本語だと後で調べてわかりました。http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1313292503
・・・交番のお世話になることもなく、ホテルでもらった地図を頼りに帰ることができました。

那覇市
那覇市
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-04-01 05:06 | | Comments(2)

Commented by keikeiakaka at 2012-04-01 12:18
こんにちは。B級スポット好きの旅人です。
「明日のジョー」は、知りませんでした(涙)
いつか、リベンジします!
また情報収集にお邪魔させてください。
よろしくお願いします。
Commented by kurashiki-keiko at 2012-04-02 09:28
keikeiakaka様、同じような趣味の人がいるものですねえ。
明日のジョー、お店の中にも同じような人形があるところがあり、その店の角を入ったところにこの写真のがベンチにつないでありました。悪戯されたようで、かわいそうなジョーでした。
情報収集、と言われましても、こちらはせいぜい年に1度か2度くらいしかこのような旅行はしませんけれども、よかったら遊びに来てください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 沖縄の旅 その5 平和祈念公園... 沖縄の旅 その3 波照間島から... >>