倉敷中央病院のお花見会


d0031853_16304258.jpg
14階建ての手術・入院棟に続いて救急病棟も内装に取りかかっている模様の、中四国随一の大病院です。

d0031853_3271073.jpg
こちらは一番古い、昭和の初めごろ?の建物か。看護学校の建物などの前が桜並木です。

d0031853_3185717.jpg
7日午後1時から3時まで、病院主催のお花見会があると、町内の回覧板で回っていたので1時に行くと、すでに行列が。

d0031853_3192899.jpg


d0031853_16333447.jpg
長い行列の末に、最初に受付で「町内会から」というと、飲み物1本と、食券2枚をただでいただけました。

d0031853_16343159.jpg


d0031853_16345038.jpg
若い職員?看護学生?により、おにぎり、フランクフルト、からあげ、おでん、やきそばの屋台が出来ていて、行列して券と交換。

d0031853_16354198.jpg
暖かいおでんをいただきました。今日は最高気温12℃という、4月というのに綿入れコートが必要だった位でしたが、病院関係者は半袖の白衣だったりして寒そうでした。

d0031853_321260.jpg
花を見るより下の食べ物を見ていたのかも?
寒いけれどもうれしいお花見会でした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-04-07 16:37 | おでかけ | Comments(0)

<< お花見―人ごみを避けると・・・ 倉敷の新観光スポット―林源十郎... >>