スマホ講座


d0031853_16472612.jpg
トヨタのお店に車のメンテナンスに行く予定を立てていたら、たまたま今日の1時半からというその時間帯にスマートフォンの講習があるというので、教えてもらうことにしました。10数人だったのでしょうか、サービスのソフトドリンクをいただいた後、その前身の会社にトヨタも出資していたとかで、auのスマホの講習がありました。
 同じテーブルのお向かいには私と多分同年輩のご夫婦。ご主人の方は携帯も持っていないとのこと、にこやかな奥様は携帯を最近買い換えたばっかり、とおっしゃっていました。テーブルごとに先生がついて、私のところは若くて美人の女性がついて、プリントに沿って各部名称から始まり操作のしかたの初歩を一通り教えてもらいました。
 一つイラっとしたのは、指でタッチするのになかなか思うように反応しないこと。タッチのしかたに慣れれば大丈夫、というけれど、わたしなどはパソコンのキーボードに10本指で打ち込むほうがよほど早いと思ってしまいます。
 息子たちはすでに使いこなしているスマホ、ですがアプリをダウンロード、というところでは、私は特にゲームには興味なく、YouTubeも見たいと思うのも限られるし、パソコンでいいんじゃないの?とも思ってしまう。歩いていて迷子になりそうなときにはナビ機能がありがたいかな?とは思うけれども、迷子になりそうなほどの都会に出て行く機会も今のところないしなあ・・・・
 ということで、興味深々ながら「一応」つきの講習ではありました。中高年ならずともこんな丁寧な講習があるとありがたいと思える人は多いかもしれませんね。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-04-19 16:55 | 日常 | Comments(0)

<< やられた 「花いかだ」 >>