大久野島へ


d0031853_16385038.jpg
この大型連休に息子一家と泊まりに行ってきました。大久野島国民休暇村、瀬戸内海国立公園のほぼ真ん中です。

d0031853_16392650.jpg
大久野島(おおくのじま)は、日露戦争以来、軍事機密のために地図から消されていた時期がありました。イペリットなどの毒ガスを製造していたのです。今でもその時の発電所跡や、毒ガス貯蔵タンクのあった場所、山の中に隠れるようになっている兵舎の跡などがそこここにあります。
けれども、今は、民家がないということを活かして、全島が国民休暇村となり、犬がいないのでウサギが沢山いるというウサギの島となっています。
 対岸の竹原市から船で10分くらいで行きます。最寄駅は忠海(ただのうみ)で、あの平清盛の父、忠盛ゆかりの地ということからの地名だとか、大河ドラマの最後の解説で知りました。車は忠海の港付近に駐車して行きます。

d0031853_1642125.jpg
船は、フェリーと普通の連絡船があり、こちら普通の船ですが、この時は連休とあって107人の乗客がいたそうです。

d0031853_16431231.jpg
船着き場から国民休暇村の建物までは無料のバスが運行されています。(昔・・・私たち家族が初めて行ったおよそ27年ほど前にはそんなものはなかったのですけれど)

d0031853_16443163.jpg
国民休暇村、予約で満室だったようです。この前には広い芝生広場やプール、貸自転車、それにテニスコート、夏には海水浴場などもあって、今や気軽なリゾート施設として大はやりのようです。

d0031853_16461028.jpg
2歳の孫もウサギに大喜び、怖がることなく近寄っていきます。人参スティックだとかキャベツ持参の人から、人参をいただいて、うさぎさんに餌を食べさせています。

d0031853_4181948.jpg

 注意書きです。抱っこしてはいけません。

d0031853_16471584.jpg着いたのは12時過ぎだったのでお昼を、と思ったらレストランは20組待ち、だったのですが、バイキングだったため、ものの30分くらいで食べられました。宿泊してみると、朝昼晩がバイキング形式でした。何しろ連休で混みあっていましたからそのせいもあったかと思われます。

d0031853_4211333.jpg
「うさぎの楽園」ホームページより拝借。自転車が出払っているようだったので、近くを歩いてみました。これは現在父親になっている長男がまだ小学生だった頃に来た時にできていた毒ガス資料館。その時はあとでこの館長さんあてに感想のお手紙を出したらお返事をいただいたこともありました。以来26,7年です。

d0031853_16491186.jpg
ウサギの耳の形の集音器。海の音、鳥のさえずりなどが聞こえました。

d0031853_16501543.jpg
ビジターセンターの中のタッチパネルによるご当地クイズに孫はわかってもわからなくてもタッチ。

d0031853_16523012.jpg
夕方4時ごろになって、日帰り客が潮が引くように引き上げて行ったので、自転車が借りられ、電動アシスト付きのにしたら、とーっても楽ちんでした。こちらは火炎放射器で焼き払われた跡もまだ黒々と残っている毒ガス貯蔵タンクの台座の跡。
 最初は平たんな海岸線でしたが、三分の一くらいから後は山道でしたので、電動アシストで大正解でした。しかし上り坂で人が歩いていたのをよけようとして一旦降りるとあとが大変、乗れなくなって押して歩く羽目に。

d0031853_4315112.jpg
1988年4月にこちらへ来た時に撮った写真です。自転車に乗らずに歩いて山登りしたようです。子供たち小学生。このころはウサギもほんの少しいただけでしたし、訪れる人もずっと少なかったです。

d0031853_348553.jpg
展望台に到着。

d0031853_16561967.jpg
d0031853_16563531.jpg
私たち以外夕方だったこともあって誰もいませんでした。

d0031853_16571321.jpg
自分が日時計の針になる仕掛け。

d0031853_16575789.jpg
宿舎の前に帰ってきて、再びウサギを追いかける孫。

d0031853_16582736.jpg
昼間の観光客がいなくなってみると、ウサギの数が増えたみたいでした。

d0031853_1659556.jpg
あっちにもこっちにもウサギ。

d0031853_16593239.jpg
国民休暇村の部屋から見た風景です。お風呂は建物2階の両端にあって、温泉だそうでした。もう知る限り27、8年前の物なので少々老朽化してはいるものの、この島には車もキャンプに来た人以外にはないし、安全に島一周なども出来るし、子供たちに平和学習もさせることが出来るのでお勧めです。

コメントで知りましたが、「うさこちゃん」も同時期に行っておられたそうです。こちらウサギの写真が一杯⇒http://yo7634.exblog.jp/18221188/
こちらに大久野島のウサギたちの写真多数ありました。→http://uta-jima.com/okuno_usagi/index.html
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-05-01 17:01 | | Comments(4)

Commented by usatyu4 at 2012-05-01 22:26
こんばんは 何の気なしにこちらに伺って・・・・
そしたら何と大久野島が載っているではありませんか。
もうびっくり!実は私は28日に行きました。天気が良かったからもしかしたら、keikoさんと同じ日だったのでしょうか。
ウサギがとてもかわいかったですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2012-05-02 03:51
usatyu様、そうでしたか。私は29、30日に行きましたので、ニアミスですね。
Commented by bisui at 2012-05-02 10:40 x
毒ガスを製造していた島は、以前から知っていましたが、
現在は国民休暇村になって、大勢の方の憩いの地になって
いる事は知りませんでした。
二日間のレポ-トからお孫さんを中心に、家族旅行を楽しまれて
幸せな時を過ごされた事が感じ取れます。
27年前の写真を見合わせると、随分懐かしく思われたのでは
ないでしょうか。
Commented by kurashiki-keiko at 2012-05-02 17:20
bisui様、27,8年前には夫の両親と私達で行ったので、ちょうど代替わりです。あのころは人もウサギもとても少なくてゆっくりできたのですが、人もウサギもあんなに大勢になっているとは予想外でした。

<< 我が家の晩ごはん 私も「梅ちゃん」 >>