午後の散歩ー備中国分寺、国分尼寺跡


d0031853_3413327.jpg
5月5日、午前中は庭の手入れをし、午後、お天気もいいので手近な所で国分寺のあたりを散歩することにしました。(地図はクリックで大きくなります)このあたりは吉備路風土記の丘として整備されていて歩きやすく風景もやさしくて気に入っています。

d0031853_2283138.jpg
行ってみると、先月はまだほとんど咲いていなかったレンゲ畑が花盛りでした。

d0031853_2302229.jpg
国分寺境内の休憩所でお抹茶をいただきました。

d0031853_2312097.jpg
いつもは閉じている五重塔の中が見学できるようだったので行ってみました。

d0031853_2322067.jpg
ボランティアガイドの人の呼びかけによると、この塔の四隅の鬼瓦の下のこの飛び出た部分、ほかでは見られない特徴ある瓦なのだそうでした。呼び名も教わったのに忘れて残念です。

d0031853_2504884.jpg
何年か前、東側の扉だけを開けて見せていただいたことはあったのですが、今回は四方の扉全部を開けて見せてもらいました。それぞれに如来様が象だの馬だの鳳凰だのクジャクだのに乗った形になっているのが珍しいと思いました。そして、芯柱が大日如来なのだそうです。

d0031853_2371910.jpg
格天井の絵も1枚ずつ素晴らしいものでした。
外回りの十二支の浮彫はいつも外から拝見出来るので今回は撮影しませんでした。

d0031853_36533.jpg


d0031853_2385730.jpg
五重塔の下の方にはこんなトラックが止まっていて・・・

d0031853_395957.jpg
夕方から夜にかけて色々イベントがあるようで、そのステージの準備が進んでいました。散歩の間練習の和太鼓の音が鳴り響いていました。

d0031853_2401674.jpg
気温も24,5℃くらい、五重塔の東の方の草原は誠に気持ちがよく、ピクニックでお弁当を食べたらさぞ気持ちよさそう。

d0031853_2415983.jpg
国分尼寺のあたりの松林では早くも蝉が鳴いていました。

d0031853_2424011.jpg
建物群の跡を示す掲示があります。
この左手には築地塀の跡の盛り上がりが続いています。

d0031853_2434739.jpg
向こうに見える小さな丘は、こうもり塚古墳です。レンゲ畑が続き、私たちが歩く道を時折レンタサイクルに乗った人が通り過ぎて行きます。自転車もなだらかな起伏の道を気持ちよくはしっていました。

d0031853_2445168.jpg
レンゲ畑もよそではなかなか見られなくなりましたが、ここでは景観保全のためにたくさんの面積に植えているようです。

d0031853_2463597.jpg
道の駅にはこいのぼりが五月の空を泳いでいました。

d0031853_247686.jpg
気持ちのいい散歩が出来ました。

ご参考までに 「吉備路風土記の丘」http://www.pref.okayama.jp/seikatsu/sizen/hyakusen/hyakusen/028kibiji.html
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-05-06 02:48 | おでかけ | Comments(2)

Commented by bisui at 2012-05-06 16:30 x
毎年ゴ-ルデンウイ-クに国分寺の五重塔の中の開放がありますが、
建物の中を写した写真が凄く鮮明に撮れていますね。
それに何時ものように多くの写真と詳しい説明で良く分かります。
天候にも恵まれて良い一日を過ごされたようですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2012-05-07 08:25
bisui様、五重塔の中は、今回は四方を開け放してあったので明るくて撮りやすかったです。
写真の数は、こんな場所ですよとついつい、多くなってしまいます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< サザエさん症候群 鉢の植え替え >>