北近畿の旅 その2 丹後


d0031853_532874.jpg
2012年5月13日(日)の朝、8時半に宿を出発。鳴き砂で有名な琴引き浜です。

d0031853_5324177.jpg
鳴き砂を鳴らすには、はだしが最適とのこと、1人はだしになりました。また、すりあしで砂の上をあるくこと、手でもむように動かしてもなるそうです。
海が冬の荒波で洗われてきれいになっている3月ごろから今頃が一番鳴りやすいそうです。ガイドさんの説明では、すりあわされることにより石英の小さな粒が振動することでなるのだそうです。

d0031853_535166.jpg
浜の左手の「太鼓浜」は、上からたたくと太鼓のような響きがあることから名づけられたのだそうですが、先日の大風で砂が波にもって行かれて岩盤があらわになり、太鼓の効果が出なくなったそうです。

d0031853_5363476.jpg
キャンプサイトの隅に温泉があるというので行ってみると、時間制でパイプから引き込むようで、ガイドさんが気を利かせてバルブを開けて下さったらその瞬間「きゃー」。勢いが余ってお湯が噴き出て、服を濡らした人がいました。42℃の入りごろの温度でした。

d0031853_5382031.jpg
海岸線に沿ってバスは進みました。

d0031853_5384654.jpg
船屋で有名な集落の伊根に着きました。

d0031853_539242.jpg
道の駅から見下ろしたところです。ここで事件がありました。

d0031853_5395643.jpgこれは船着場の看板ですが、道の駅にも同じような表示がありました。

d0031853_1219629.jpg
道の駅の駐車場をバスへと急ぎながら、琴引き浜では温泉の湯を浴びた人がたまたまアイスもなかを買って食べていたら、半分ほど食べて持っていたところを、後ろからザーッとおそわれて、「わしづかみ」ならぬ「とんびづかみ」にさらわれました。、またも「キャー」。
 2m後ろを歩いていた仲間の男性が、「耳のすぐ横をさーっと通り過ぎたと思ったらつかんでいった」とのこと。油断できません。というか、何気なく手を体の横に持って行っていたので狙われたのでしょうか。

d0031853_542309.jpg
遊覧船で湾内を一周しました。

d0031853_54389.jpg
100円でえびせんを売っていて、カモメにやることができ、カモメたちもよく知っていて低空飛行して餌を取りに来ます。

d0031853_544219.jpg
「舟屋」の建物群です。潮の干満の差が少ないことと波が穏やかな海だからこその建物です。昭和の初めごろまでは船を仕舞うための納屋みたいなものだったのが、次第に2階が出来て住むようになっていったのだそうです。
私は独身時代の職員旅行でこの舟屋の民宿に泊まったことがあるのをなつかしく思い出しました。

伊根の舟屋めぐりのサイト http://www.inewan.com/
d0031853_5462051.jpg天の橋立では、上の方にロープウエイで登らずに、文殊様をお祭りしたこのお寺を見学。
天橋山智恩寺
http://www.monjudo-chionji.jp/

d0031853_5472333.jpg

d0031853_5474439.jpg
ジェームズ・ボンドが乗りそうなこんなスマートなモーターボートがあり、9人ちょうど乗れるとのことなので、全員で乗ることになりました。

d0031853_5484659.jpg
私は最後尾の席にいたら、風当たりは強いし、水はすぐそばだし、落ちたらどうしようとちょっと怖かったです。

d0031853_5493275.jpg
やっぱり天の橋立は上の方から見ないと・・・と思われた海岸線でした。

d0031853_550849.jpg
出入りの時にこの橋の下をくぐるのですが、この土台、回転できるようになっているのです。
そして、帰ってきてから5分後にたまたま、その橋を動かす時間がありました。

d0031853_5514559.gif


d0031853_1232672.jpg
お寺の門前町を散策。小さなあんころ餅が名物のようでした。貸自転車もたくさんありました。

d0031853_62522.jpg
最後におやつに丹波の黒豆の黒豆ソフトをいただきました。黒豆といっても煮豆みたいな黒豆ではなくて黄味がかったのに黒い点々。よく考えたら黒豆と言っても大豆をつぶしたのは「きなこ」。黒い点々が皮なのでしょうか。
ここでは前例のあるトンビを警戒して、パラソルの下で食べました。

こじんまりした団体での一泊旅行、楽しく過ごしてきました。

d0031853_83751100.jpg夕食は、宿を出たあと寄った土産物屋さんで買った「焼きさば寿司」、三木SAで買った神戸のギョーザと豚まんが加わりました。夫に「焼き!さば寿司」と言っていたのにいわゆるバッテラと思われていました。数年前の朝ドラ「ちりとてちん」で福井の小浜の焼きさばが出ていましたが、このサバ寿司も焼いたサバでした。息子たちと大人4人で3本買いました。

参考サイト 「まるごと北近畿」 http://kitakinki.gr.jp/
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-05-14 11:21 | | Comments(0)

<< バラが花盛り-♪垣に赤い花咲く♪ 北近畿の旅 その1 但馬 >>