我が家の晩ごはんー娘と息子からの到来物で


d0031853_2243469.jpg5月20日、娘のところからそら豆をもらいました。お店では高いので買うこともなかったのですが、もらったら話は別です。

d0031853_2253490.jpg
というわけで、予定のイワシのかば焼き丼にそら豆入りポテトサラダと、さやごとグリルで焼いたのをつけました。さやが分厚いので蒸し焼きになって何も細工をしなくてもよかったみたい。手間をかけてむいて入れたポテトサラダの方はそれほどでもなかったです。そうそう、あさりも、孫と娘が潮干狩りしてとってきたものです。大きくておいしかったです。
栄養バランス的には、「芋・豆・菜っ葉・小魚・海藻」のうち、海藻が摂れていないですが、あとはOKかな?いや、左手にある我が家のサニーレタスたっぷり、ではありますが、青菜ではないからダメですか。

d0031853_2315272.jpg
6月3日のばんごはんは、手巻き寿司、の予定だったのに、午後、買い物に出ようとしていたら次男が「鯛があるからあげる」と連絡してきて、1匹は自分用、後をくれるとのことでした。同僚と朝3時から釣りに出ていたようです。
大きいのは買ったら1200円くらいするかな?

d0031853_2353671.jpg我が家の出刃包丁を取り出すと、「そうそう、出刃がないとさばけんのでなあ」と、下し方を教えてくれというので、教えると中くらいの大きさのを三枚におろし、お刺身用と潮汁用にアラに塩をして氷と一緒に持って帰りました。
で、

d0031853_2384368.jpg
私も一番大きい鯛と小さい鯛をそれぞれにさばいてなんとかお刺身と、潮汁を作りました。長男一家が来たので、お刺身4人前、たっぷりいただきました。
副菜はそれに長芋の酢の物と、小松菜とさつま揚げの炒め煮と、友の会で扱っている高野豆腐の粉末「トーフミール」にごぼう、人参、ピーマンを入れて甘めに煮たもの、お漬物は白瓜の塩糀漬けです。塩糀、どんなふうに使うのか手探りですが、糀だから漬物でもいいなと思って。下漬けの塩をよく洗っていなかったためにちょっと潮がきいていました。お刺身のつまには大根がなかったので家のサニーレタスを切っていて、左手の親指の爪の先を切ってしましました。幸い大物の鯛をさばいた後だったので何とかなりましたが。
左の親指は、そこだけ何かと便利なので少し長めに爪を切っていたのですが、それが今は肉に食い込むまで切ってしまったので、ちょっとひっかけて何かをする動作が出来なくなり、色々と不自由です。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-06-03 02:44 | 料理 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 美星町 星の郷青空市へ コンサートのポスター制作 >>