ありがとう、2,000円貸してくださった人

 忙しいので、買い物の時間を節約するために週に2回、食料をまとめ買いしています。
きょうはその買出し日。
で、うちのおばあちゃんに頼まれた品もあるし、赤い手帳を片手に、献立を考えながらうろうろと、肉も魚も野菜も買い、最後にパンと牛乳とアイスを買って、いざ、レジへ。
 私の分だけで7,000円ちょいでした。
 で、財布を見ると、なんと、あると思っていた1万円がない!
ど、どーしよう・・・・
かき集めても6,500円と少し。
d0031853_1703159.gif

「すみません、足りないので品物をいくつかお返ししていいですか?」
(あー、これもこれも、献立を考えて買ったものなのに、引き返してまた買いに来なくちゃ)
と、覚悟を決めて品物を選んでいたら、なんとその店員さんが
「2,000円あれば買えますからお貸ししましょう」
と、自分の財布から、2,000円を出してくださったのです。
こんな、こんな親切な店員さん、初対面の私に?
感謝感激。しかも
「明日は休むので、明後日以後ならいつでもいいですから」
と言うではありませんか。
「いえいえ、帰って冷蔵庫に入れたらすぐまた返しに来ますから」
と言って、もちろん急いで帰り、おばあちゃんに詳細を話すと、まあ、と驚いていました。
 自転車で返しに行くついでに、お会いしたい人があったのですが、あいにくちょうど雨が降りだしたため、やっぱり車で、返しに行きました。
 店員さん「あさって以後でよかったんですよ」とやっぱり言われました。
 ということで、わたしのうっかり間抜けと、店員さんのめったにないご親切をここにご披露させていただきます。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2005-08-24 17:03 | うれしかったこと | Comments(2)

Commented by yassy127 at 2005-08-25 07:10
読ませていただいてほのぼのと心が温かくなりました。
「人を見たら泥棒とおもえ」とよくいわれるのに、レジ係と客という関係でよくできたことと思ってしまいます。
でもその方きっと人を見る目を持っていらっしゃったのだと思います。
この方は絶対大丈夫とみての行動と思います。keikoさんがそんな雰囲気をもっていらっしゃるからでしょう。

人を信じると言うことの美しさを久しぶりにおしえていただきました。
「走れメロス」の感動をありがとうございました。
PS昨日入力したコメントが入っていませんでしたのでもう一度入れさせていただきました。
Commented by kurashiki-keiko at 2005-08-26 00:33
yassy様、コメントありがとうございました。なるほど、「走れメロス」ですね。あの場合はどうしても、すぐさま引き返すべきでしょうからね。

<< 夏の定番料理 「ブログで解雇」と聞いて >>