お箸を並べて

 2歳児のゆうくん、よく大人が言うことは聞かないけれどすることはまねる、と聞きますが、昨日、ふと見ると食卓にお箸が、座る席に少し歪んではいますが置かれていました。誰?と思うとなんとゆうくんが並べたらしいことがわかりました。母親のは正確に母親のお箸。父親のはちょっと色が似ている叔父のもの。祖父母の私たちのは、夫と私のが1本ずつ混ざって。それで気づいたゆうくんのしわざ。おかしくもあり、またよくできたなと思ったことでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-08-12 09:10 | | Comments(2)

Commented by miyakeoriibu at 2012-08-12 20:16
お孫さん 何をしても可愛い年頃。
大人のすることをよ~く見ていますね。
Commented by kurashiki-keiko at 2012-08-14 07:10
miyakeoriibu様、2歳ですのでまだお手伝いという感覚ではないと思いますが、大人がすることをしっかり見ていてまねるのだなあと改めて気づかされ、うっかりした事は出来ないこと、逆にマネされることを意識してよい習慣づけも出来るかな、とも思いました。

<< みんなでお墓まいり 蜂のムサシ?は死んだのさ―ハチ... >>