自家製パン―暑くてもホームベーカリーで

 昨年の8月6日の私のブログの記事・・・
http://kurakeiko.exblog.jp/14285491/
 暑い季節になると発酵がうまくいかず、ぺちゃんこのパンしか焼けず、冷やした粉で冷水を使ってもなかなかうまくいかなかったのですが、今朝のパンは・・・

d0031853_9151392.jpg
こんな感じ。今日のは夏場としては大成功でした。
 気を付けることは、1日の内でも気温が低い早朝に、短縮コースで焼く事です。今日は7時前くらいからでしたけれど。
 ちなみに今日の分量は、
  強力粉・・・・・・・240g、
  黒ゴマきなこ・・・ 20g
  砂糖・・・・・・・・大さじ1
  塩・・・・・・・・・・小さじ2分の1
  コンデンスミルク・・・30g
  冷たい牛乳・・・・220ml
  ドライイースト・・・小さじ1

でした。 参考文献は茨木くみ子著『ホームベーカリーで作るふとらないパン』文化出版局
ただし砂糖と塩の分量は本の半分にしています。

d0031853_9329100.jpg たまたまこの本では我が家で使用しているパナソニックのSD-BMS101というのと同じ機種を使っています。


 強力粉は友の会で扱っている国産の物です。国産小麦粉は外国産に比べるとグルテンが少な目だそうですが、収穫後の農薬(ポストハーベスト)がないので安全とのこと。
 コンデンスミルクをバターの代わりに入れるというのがこの著者の発見のようです。コンデンスミルクはカロリーのほとんどは糖分で、実は低脂肪で脂肪分はバターの1割程度、冷蔵庫で長期保存でき、必要量を使えるので便利とのことです。
 ・・・ということで、我が家のパンの黒ゴマきなこはたまたま見かけて体によさそう、と入れてみています。仕上がりは茶色っぽくなっています。
 そして、焼き上がりを熱いうちに型から出して、網の上でさます、だけではなくて、ポリ袋に入れて湯気をパンに吸収させますと、皮が固くならずふんわり仕上がります。
 しっかり冷めたら8枚切りにして1枚ずつラップで仕切りをつけてから冷凍保存します。
 夫の低カロリーという雑炊よりもよほど低カロリーだと思っています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-08-15 09:32 | 料理 | Comments(0)

<< お盆の繁忙期の外食は 我が家の晩ごはん―整形に苦労し... >>