お盆の繁忙期の外食は

 15日昼12時過ぎ、娘と婿と孫娘がやってきました。型どおりに祭壇にお参りをした後、どこかで食べさせて、ということで、大蔵大臣の夫と私、婿の運転する車に同乗し、さて、どこにする?
 孫娘は夫の好きなピザよりお寿司が食べたい、たまに来たのだから100円寿司以外、というので、奮発して・・・と思っていたら、目指すところは駐車場が一杯。
 で、和食の「旬や」はどうかということになり、雰囲気いいからね、と行ってみたら、3、4組が待っていました。せっかくだから待ち時間を聞くと20分くらいとのことで、ベンチで待つことに。
 待っていると、後から来たお客には「予定数がいっぱいになった」と断りを入れていて、表ののれんも外して、昼の部は終了、とかなんとか書かれた看板を外に出した様子でした。私たちが昼の部の最期のお客となったのです。
 で、後から電話予約を入れていたお客が2組やってきて、私たちを飛び越して店内にご案内されていました。個室的なところなので、ゆったり落ち着くお客が多いらしく、回転率非常に悪く、待てども待てども出て行くお客がいません。
 結局案内されたのは、行ってから40分くらい後で、50個限定という釜飯セットはすでに売り切れ。それでお寿司のつくランチセットにしました。注文してからさらに20分くらいたってからやっと品物が運ばれてきました。しかも、お茶は最初に来たけれどおしぼりは食べ始めてからも来ずじまい。9品のお弁当形式のが出てきて、お寿司が出てきて、天ぷら、茶碗蒸しと出てくるのに時間がかかり、さらにコーヒーとデザートで間が空き、食べ終えると2時半ごろ。握りずしの1かんは、ナスの漬物、お盆でネタ切れなのか知らないけれど、そりゃないぞ、と思う。
 こんなに時間がかかるのなら、安くてももっと回転のいいお店に行けばよかったね、と言ったことでした。
 
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-08-15 22:31 | おでかけ | Comments(0)

<< 平清盛 平家物語絵巻の世界展―... 自家製パン―暑くてもホームベー... >>