終わりの朝顔

d0031853_961015.jpg

9月になりました。まだ細々と朝顔が咲いています。時期が終わった花はどことなくあわれなもの。昨年は外来種のを植えていたところ、12月になっても青々としたもので力強く日蔭にはよいものの、気味悪い、憎たらしいほどはびこるので気味が悪くなって抜いてしまいました。
 今年は古来からのにしています。
 やはりあまり勢いはないものの、時期が来たら枯れるのはものの習い、これでいいのでしょう。人生もまた・・・花のあるうちに楽しみましょう。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2005-09-01 09:06 | 日常 | Comments(2)

Commented by yassy127 at 2005-09-01 22:43
季節に合わせて花を持ち、時期が着たら潔く散るというのも美学ですね。
またkurashiki-keikoさんのようにいつまでも花のある人でおられることも美学ですね。
Commented by mhide-mh at 2005-09-04 11:11
でも、「花の命は長くて楽しきことのみ多かりき」を願います。
すでに枯れかけたものの実感です!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 夏休みの成果の発表を見て 岡山国体迫る!! >>