時の流れ


d0031853_1644248.jpg
家の一部を改築することになり、必要に迫られて片づけをしています。息子が学生時代に持っていたこたつを捨てようと、こたつ板を出したらその陰になっていた戸棚に、こんなものが入っていました。あらまあ。
 中学時代に毎日提げて行っていた学生鞄です。すっかりカチカチになっていて、ふたを開けるとそれぞれの名前が書いてありました。
 ついこないだみたいだったのに。
 そういえば、私が小学1年生の時に、母の弟にあたる叔父たちが使ったカーキ色のリュックを「まだ使える」と、遠足の時にもって行かされて、同級生はピンクのかわいらしいリュックサックだったのに、とても嫌だったのを思い出しました。母にしてみれば「ついこないだ」弟が使用したものだし痛んでないから娘に、と思ったのでしょうけれど。
 時代は下ってうちの娘が遠足の時には、知り合いから「まだ使える」といただいた赤いリュックを持たせたところ、そのビニールコーティングみたいなのがはがれかかっていたそうで、娘はとても嫌だったのだとか。歴史は繰り返すというか。
 いくらなんでもこのカチカチのかばんはどうにもならないけれど。親が子育てをしていた時分を思う時は「ついこの間」なんだということが、今になって思います。
 夫の両親をこの家に引き取るために旧宅を片付けに行った時には、夫の産着だとか子供の頃の小さな下駄の片方、などと言うものまで出て来たけれど、(その時夫は50歳代)父母にしてみれば「ついこの間」だったのだろうと思う。
 片付けると、時の流れの速さに驚かされます。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-09-29 16:53 | しみじみしたこと | Comments(2)

Commented by surgeon24hrs at 2012-10-02 06:38 x
こんにちは。

片付けをしていて思わぬところから思わぬものが出てきてビックリと言うのは、時々ありますが、楽しいですよね、そういうのって。

子育てはついこの間、と言うのは良くわかります。我が家はまだまだ子育ての真っ最中ですが、それでも「ついこの間」と思うことに沢山出くわします。
Commented by kurashiki-keiko at 2012-10-02 23:44
surgeon24hrs様、そうですよね、今日はオスプレイが嘉手納基地に配備されたニュースを見て実家の母から、私が2歳ごろ飛行機が上空を通ると「怖い」と言って耳をふさいでいたとメールが来ていました。私はそんな記憶は全くないのですが。母にとってはついこないだのことなのかな?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 若々しくなるヒント お出かけ、作り置きの晩ごはん >>