栗、くり、クリ仕事


d0031853_1125692.jpg
ご近所から、実家でとれた栗とさつま芋をどっさり頂きました、
小さめのは水から20分ほど茹でて皮を剥いて冷凍、お正月に栗きんとんに、大きいのは渋皮煮にしたらと友の会の先輩から教わり、(月曜日夜)、翌日は友の会委員会で外出なので、とりあえず小さいのを茹でているところ。

d0031853_11264139.jpg生協でだいぶ前にこちらの道具を購入していて出番がなかったのですが、思い出して使ったら、翌日火曜日は右手がしびれたようになっていました。半分しか皮むきが出来なかったのに。

d0031853_11274751.jpgで、10日水曜日、皮むきを再開し、奮闘中。
おりしも今日は工事でお風呂場改造のため洗い場のコンクリートの「ハツリ」作業でものすごい騒音、よそへ避難する予定だったのに栗仕事が終わりません。

d0031853_11282648.jpgやっと小さいのは冷凍庫へ、こちらは大きいの、底?の丸い部分からそっと皮をはがし、鍋にかぶるほどの水を入れて大さじ1の重曹と共に5分煮るそうです。

d0031853_1130290.jpg5分煮て真っ黒な煮汁からぬるま湯の中へ取り出し、そーっと渋皮を指で丁寧に取り、新しいお湯で5分煮る。そして明日まで今日はこのまま置くそうです。
・・・となり(二世帯住宅なのでつながっています)の改築現場ではものすごいドリルの音がさっきからしています。この後買い物などで避難するつもりです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-10-10 10:13 | がんばったなあ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< プログラム作成―堀内敬三訳「ア... ありがたくやがて少し悲しいマツタケ >>