尾道をぶらぶら


d0031853_9413458.jpg
この2週間ほどは夫が週末職場関係の旅行などでドライブもしませんでしたので久しぶりのお出かけ、尾道に出かけました。

d0031853_9422420.jpg
海岸沿いの緑地帯では、何やらイベントがあり、B級グルメの屋台に大行列。

d0031853_9435520.jpg
で、夫はそういうのが苦手で海岸通りをプラプラ歩いて行くと、割合新しい建物に「ざこや」という看板があり幸い席が空いていたので入りました。

d0031853_9445733.jpg
カワハギが水槽で泳いでいました。店内、おばちゃんウエイトレスがとても丁寧な応対で好感が持てました。釜飯みたいなお釜でご飯が運ばれていました。
 定食は1,575円、メインが刺身、煮魚、天ぷらの中から選べて、あとは自家製の熱々の玉豆腐、玉手箱みたいな容器のおかず、それに味噌汁だそうで、夫は煮魚、私はお刺身にしました。
 残念ながら写真は(もういいや)と、最初はブログアップの気もなくいたものですから映しませんでしたら、これがよかったのです。ざるに入った熱々の玉豆腐は塩で食べるそうで、スプーンですくっていただくと、やっぱり私的にはおしょうゆのほうが・・・とは思いましたが、しみじみおいしい。
 お刺身は穴子(珍しかったけれどそれほどでもなかった)、鯛、太刀魚(珍しい)など。玉手箱(と言ったかな?別の名前だったような)は、3段重ねだったのに一番上は空っぽ、2段目は倉敷の義母はたしか「イシモチ」と言っていた小魚の南蛮漬け、3段目はもづくでした。
お味噌汁はあさり、やっぱりこういうお店のはだしが効いていてとてもおいしい。それにごはん。釜飯で白いご飯でしたが、大変おいしかった。
 夫の煮魚は時間がかかりましたが、大鉢に牛蒡などの野菜の添え物も入っていてきれいに盛りつけたシズ(倉敷ではそういうけれど)の煮魚で、おいしそうに食べていました。
 私は早く食べ終わったので、コーヒーを210円で追加。
 ご主人の最後の挨拶もとても丁寧で感じがよくて、また来たいと思わせられるお店でした。
「小魚と釜ごはんの店 ざこや」 尾道市土堂1丁目11-4 TEL0848-23-8346

d0031853_953558.jpg
あとは特に目的もなく商店街を冷やかしつつ歩き、とある八百屋さんで夫は好物の干し柿のための渋柿を6kg、箱で買ってうんうん?言いながら車まで運びました。何も商店街で買わなくっても道の駅の直販などで買えばよかったのに・・・。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2012-10-21 09:55 | おでかけ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 労作 家族新聞「あじさい通信」186... >>