我が家の晩ごはん


d0031853_3194562.jpg
1月12日(土)の晩ごはんです。この日のメインは、もらい物のタラの味噌漬け。あとはご覧のように食器の節約でお皿の脇にほうれん草の胡麻和え、ひじきの煮物、さつま汁です。ごはんには大根葉の漬けたのを刻んで入れています。

d0031853_3272627.jpg
1月14日(月・祝)の晩ごはんです。孫がお魚を結構よく食べることがわかったので、この日は鮭のホイル蒸しにしました。中身は玉ねぎ、えのきだけ、人参、それに三つ葉の茎のところを入れて蒸し、仕上げに三つ葉の葉っぱのところを入れて少し蒸します。味付けは鮭にはすこし塩をしておき、ホイルにはお酒と麺つゆを大さじ1ずつ入れています。あとは庭でこぼれだねから自然に一株生えていたチンゲン菜?とちりめんじゃこの炒め物と、けんちん汁です。お豆腐はいつも友の家に売りに来る、知的障碍者の授産施設「倉敷夢工房」さんから買ったもので、しっかりしたおいしいお豆腐です。
チンゲン菜?は失敗しました。こぼれだねから生えたしっかりした大株だったので、もったいないと取ってきて使ったら、なんと辛い。きっと何か高菜とか別の種が混ざったのかもしれません。
息子たちと食べるときはついついなべ物が多くなるのですが、こうしたきちんとした?献立もお嫁さんに見せておきたいなと思って一緒に作りました。具だくさんの汁ものも、結構種類があるんですね、と言っていましたから、よかったようです。

d0031853_3384855.jpg
ぶりのアラと大根のいわゆるブリ大根です。アラがあるとついつい買ってきて庭の大根を抜いてきて煮ます。アラは軽く塩をしておき、1切れずつ熱湯に入れて水に取り血合いなどを掃除してから使います。大根は10分くらい下煮します。煮魚に砂糖はふつう入れませんが、アラ煮の時は砂糖も入れて、お酒、みりん、しょう油と生姜を入れて煮ます。後はほうれん草ともやしの炒め物、エノキとお豆腐とわかめの味噌汁、納豆です。

d0031853_3483885.jpg
少し飛びましたが、1月22日(火)の夕食です。朝、鍋帽子に仕掛けて行っていた野菜と鶏のぶつ切りのスープ煮です。ジャガイモ、にんじん、たまねぎ、大根、セロリ、キャベツの中の方を6つに芯ごと割ったものなど。それにサラダ。(マカロニ、きゅうり、ブロッコリー) この日は帰りはそんなに遅くなかったのでしたが、出かける日の夕食の定番の一つです。

d0031853_352612.jpg

1月23日(水)の晩ごはん。メインはカキフライ。キャベツの千切りではなくてほうれん草のソテーが添えてあります。それにサラダはじゃがいも少々と、きゅうりと貝割れ、レタスです。
スープは、かぼちゃのようですが、かぼちゃと玉ねぎを煮たものと、前日のスープ煮で残ったものを混ぜていますからじゃがいも、人参、セロリ、鶏のだしも出ています。ミキサーにかけて牛乳を入れる前のピューレ状の物をもう1回分冷蔵しています。ご飯はやっぱり大根の葉の漬け物を刻んで入れています。ほのかな塩味もついておいしいです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-01-24 03:57 | 料理 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 味噌作り 「うせ物」出てくる >>