桜餅作り

d0031853_14101012.jpg

7日に岡山友の家で、桜餅の材料が買えました。1単位25個も出来るので、いつ作ろうかと思っていた所、今日はお嫁さんの誕生日、明日は職業を持つ人の集まりがあるので手土産に持参することに。材料が手にはいるのも久しぶり。そんなに難しくないのでうれしい。
d0031853_2024371.jpg





d0031853_20263758.jpg
K製あん…実は私が幼稚園時代に住んでいた家のすぐご近所にあったお店らしいことに気付きました。
 前を通ると、小豆の皮がかごに入れて表に干してあったり、小豆を煮る匂いが漂っていたりしましたっけ。しかも、実家の母にメールすると、私の弟とそこの店の子が遊び友達だったことも判明。あらまあ、懐かしい、と思いました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-03-09 14:10 | 料理 | Comments(2)

Commented by tumugihime at 2013-03-09 23:10
桜餅美味しそう!
お嫁さん、喜ばれたでしょうね。私もkeikoさんを見習わなくては。

あさイチのスーパー主婦のスゴ技が本になったのですか。ゼッタイ買いますよ。
「家庭は質素に社会は豊かに」でしたよね。いつも心掛けてはいるのですが、なかなか実践できません。
Commented by kurashiki-keiko at 2013-03-09 23:44
tumugihime様、お祝いは外で食べたいと息子たちが申しますので、彼らの希望のお店に行き、帰ってきてからみんなでデザートとして桜餅でお茶にしました。なのでそれほどの特別な事でもなかったのでしたが。
スーパー主婦の本、いわゆるハウツーものにとどまらず、最後の方にはちゃんと友の会の精神についてもちゃんと書かれているようで、私はまだ初めの5分の1くらいしか読まずに先の記事を書いてしまいましたが、最後の方の被災地支援のことなどもおyお読みいただければ、友の会の精神面もお分かりいただけるかと思います。
「家庭は簡素に社会は豊富に」です。

<< 庭先のガラクタの処分 自称ダメ主婦へ捧ぐ…NHK「あ... >>