倉敷美観地区を散歩

実はこの散歩、4月21日(日)の時のものです。

d0031853_1661146.jpg
月1回日曜日の11時まで開催の「倉敷三斎市」、近隣で取れた野菜だの手作り産品などがずらりと、アーケードの中央部に並んで楽しい。なのにいつも出遅れていたり、他所へ行ったりしていて、出かけてきたのは今回が初めて。地元なのに。ご夫婦で手作りした、という柚子マーマレードを200円で買いました。
次回は5月19日(日)だそうです。

d0031853_1675898.jpg
商店街の中央部にぽっかりと空いた穴のような土地。ここは元・スーパーマルナカが、その後は服地やさんウエスギがあった所。兵どもが夢のあと、といったところ。跡地は一体何になるのやら。

d0031853_1692229.jpg
ここは右へ行くと阿知町の商店街という交差点。正面は以前は雑然とした八百屋さんがあったような、道を隔てた右手には河田の金物屋さんがあり、結婚当初その右手の金物屋さんで中華鍋を買ったのですが。いつの間にやらこんな風にリニューアルされていました。

d0031853_16112030.jpg
そしてこの右手も、元は薬種問屋の林源十郎商店だったのを、つい最近中身をすっかりリニューアルして、イタリアンの店だの雑貨屋だの、ジーンズの店だのがオープンしております。
そこの向こうの右手に入る路地があります。

d0031853_16125491.jpg
こういう路地も倉敷の魅力の一つ。戦災に遭っていませんから。大原美術館の泰西名画が、元のリットン調査団の目に留まり、空襲されなかったと聞きました。

d0031853_1614974.jpg
路地を抜けた所は観光客でいっぱいの倉敷美観地区で、その西の端っこにある「倉敷物語館」。

d0031853_16145924.jpg
そのお庭を抜けると、展覧会があり、ここを目指して行ったのです。

d0031853_16153065.jpg
倉敷生まれ、倉敷育ちの夫にとって、また倉敷在住25年の私にとっても、詳しい鳥瞰図は興味津々。

d0031853_16161778.jpg
そしてまた、ここはいわゆる通称「奈良萬の小路」。この先に元旅館奈良萬があったのですが。。。

d0031853_16171572.jpg
最近ここもすっかりリニューアルされており、

d0031853_1617516.jpg
こんな店やら・・・

d0031853_16182191.jpg
あんな店やら。。

d0031853_16185847.jpg
ここがその一角では元の阿知町商店街の表に面したお店。

d0031853_162014.jpg
振り向くとさっきの小路に入っていくカップルの後ろ姿。いいな。

d0031853_16203477.jpg
こちら、路地を抜けて右手に曲がったところ。元はアーケードがあったのを取り払い、古いたたずまいが見えています。紙屋さんがあります。和紙とか千代紙が手に入ります。

d0031853_16225081.jpg
おなかがすいたので、カレー屋「神戸屋」さんへ。夫によると、ここは元は肉やさんだったそうです。

d0031853_16233519.jpg
私、和風の根菜カレーを珍しいので選びました。

d0031853_1624265.jpg
里芋、蓮根、牛蒡などがごろごろ。
おしまい。

d0031853_1271122.gifポチッとよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ
にほんブログ村
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-05-05 16:24 | 地域社会 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 休日のランチはピザ 季節外れの桜もち >>