学区の夏祭り

小学校区の住民参加で小さな夏祭りが4日(日)の夜6時からありました。
早めにご飯をして、おなかの大きなお嫁さんは家に残り、孫と息子、夫と出かけました。

d0031853_554433.jpg
家からも聞こえるほど大音量で「代官ばやし」のアップテンポの地元踊りの音楽がかかっていたので、やぐらの周りでは踊りの輪が・・・と思っていたのですが、昔と違って踊りの輪はなく、小学生以下の子供には飲み物券がもらえるというその行列が長く伸びていたことと、小学校と幼稚園のPTAが中心になって、くじだのホットドッグ、焼きそば、かき氷だのの屋台が校舎沿いにできていて、それに群がっている人がほとんどだったのはちょっとがっかりでした。
 けれども、親子孫連れでこうして地元でワイワイと出かけて、小さい子は浴衣を着せてもらったりして華やいだ感じになるというのは決して悪いことではなく、子育て最中の世代にとっては近所でよいレクレーションになっているのではと思われました。
 孫も、お祭りそっちのけで運動場の端の滑り台めがけて突進したりしていましたが、籤引きの列に2度も並び、100円で何やら小さなおもちゃを引き当ててそれはそれで満足したみたい。父親の肩車で行列に並んだこと、大きくなってもおぼろげにでも覚えてくれているとうれしいと思いました。

(天領まつりでの代官ばやしの踊りです)

[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-08-06 06:00 | おでかけ | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 打ち上げにて 涼しかった岩井滝 >>