我が家の雨量

d0031853_13375442.jpg

日曜午後4時頃?に庭先に置いた10リットルのバケツ、降り続く大雨で21cmになっていて、岡山県の各地の川が氾濫水位に達していると伝えられているので心配です。
これは1日分ではなくこれまでのおよその積算雨量ということになります。

 昔実家の母が小さかった頃、岡山市西大寺中野の生家がそばの砂川の氾濫で床上浸水の被害を受けたことがあったそうです。家の柱にはその時の水位の跡が残されていました。そして、祖父はその後庭に一升瓶を途中で切ったような円筒形のガラスの容器を台の上に置き、雨量計にしていました。決まった時刻に雨水を捨てて1日の雨量を観測していたそうです。
 その庭のようすを思い出し懐かしくなりました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-09-04 13:37 | | Comments(2)

Commented by yochy-1962 at 2013-09-04 19:08
大丈夫ですか!とりあえずうちのほうは大丈夫ですが、いつ豪雨になってもおかしくないような雲に覆われています。
歳をとるごとに暑さに弱くなってきました(>_<)。天高く、馬肥ゆる秋に、早くなってもらいたいものです。
Commented by kurashiki-keiko at 2013-09-04 20:38
yochy様、岡山県でもかなり被害が出ているようですが、おかげさまで我が家周辺は大丈夫です。名古屋の映像を見るとかなりの水が道路にも出ているようですね。
 最近は温暖化による豪雨とか竜巻とか、異常気象が当たり前気象になりつつあるようで、『不都合な真実』の映画を思い出しています。地球が狂ってきているのでしょうが、人間のおごりがこうした事態を招いているのは間違いないことだと思います。
 宇宙船地球号に乗っている生き物みんなが助かるためには今何とかしないといけないのでは、と思います。

<< 10歳の自作「ゆるキャラ」お弁当 モッタイナイ >>