蒜山へ  ・・・つけててよかった、家計簿。


d0031853_6125277.jpg
11月2日(土)、9時39分の岡山道の高梁付近の景色。・・・霧が濃くて景色がさっぱり見えません。秋ですねえ。

d0031853_6142990.jpg
しかし10分後になると、秋晴れの空になりました。秋の霧は晴れると良い天気になりますね。夫の「どこかへ行きたい病」が出て、新生児を抱えた我が家ではありますが、息子が昼ごはんはなんとかしてくれるとのことで、蒜山へ出かけました。

d0031853_6153615.jpg
蒜山サービスエリア手前のトンネルを抜けた峠のところからは雪を頂いた大山がよく見えました。

 残念ながら蒜山の映像はすっかり忘れていまして。道の駅「風の家」では連休なのでものすごい人出で、蒜山大根やら白菜、手作り品などが飛ぶように売れていました。で、うちも大根1本120円前後のを3本、立派な葉っぱつきで買いました。葉っぱはもちろん利用します。 
 昼食は蒜山三木が原を見渡せるお店のテラスでジンギスカンをいただきました。少し寒かったですが(気温17℃くらい)キャベツサラダお替わりして食べ、そばのお店でお土産を見ていると、娘が「これから行ってもいい?」というので、「今蒜山、明日来たら?」ということになり、うどん鍋をお昼に食べたいというので、また道の駅で白菜を買い足し。

 せっかくなので湯原で温泉に入って帰ろう、と湯原温泉へ。

d0031853_621126.jpg
湯原温泉の中央を流れる川のせせらぎ。
 台風の大雨でここの露天風呂「砂湯」は流されてまた復活したらしいけれど。私たちはもとからある公営浴場へ。大人一人600円、タオル250円、車の中になぜか(いや、いつかこういうこともあろうかと)ここの温泉で買ったタオルが備え付けてあったので1枚だけ購入。
 渓流を窓から眺められるリーズナブルな公営浴場でここ10年ほどの間に何度も来ています。
で、・・
d0031853_6242666.jpg
河原の駐車場へ行く途中の紅葉です。


続き・・・
帰宅後、たくさんのレシートを夜中に確認しつつ家計簿をつけていたら、なんと4,010円の不明金。前日はちゃんと現金合わせをしていたし、この日はあちこちで買い物をしたけれど、自販機の分までレシートにないのは手帳にメモしていたので、悩みました。この頃はレシートにいくら払っていくらおつりだったかまで記録されているので、1枚だけ、5000円を払っておつりをもらったという最後の白菜と手作りこんにゃくと大根の漬物を買ったレシートがちょうどその金額にはまるおつりになっているのでした。
 しかし道の駅でその日の売り上げが4,000円なにがし多かったなどと分かっているものだろうか?と悩みました。それよりもしもこれが自分自身のミスでなくなっているかもしれず。

・・・翌3日、営業開始の8時半に恐る恐るレシート片手に、「そちらでは毎日の売上高を確認していらっしゃるのでしょうか?」と、訳を話すと、「調べますのでレシート番号を教えてください」とのこと。この頃ではレシート番号で追跡できるのか?と、番号を言うと、15分くらいして返事があり、
「確かにその分が多かったので返金します。ご住所を」
とのこと。
よかった~。
何でも言ってみるものですね。家計簿つけててよかった。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-11-03 06:30 | おでかけ | Comments(2)

Commented by miduki0902 at 2013-11-04 22:44
私も kurashiki-keikoさんを見習って家計簿をつけていますが。
もっと、ちゃんと家計簿をつけようと思いました。
Commented by kurashiki-keiko at 2013-11-05 03:36
miduki0902様、家計簿つけは毎日のお財布の中の現金を確かめて記帳するのがとっても大切です。レシートはあれば後からつけられますけれど、お財布の中の現金だけは人に聞いても教えてくれませんし。そしてそこからつけ落としのお金がわかるのです。基本をこの事件から改めて教えられました。
 あとは今年つけてきた出費をもとに来年の予算を立てるのが大切かな、と思います。

<< ピザの夕食 孫を預かって >>