クリスマス ミサ 


d0031853_12321665.jpg
カトリック教会ではクリスマスシーズンになると「馬小屋」がしつらえられています。今年も、街角に面して。

d0031853_12331126.jpg
倉敷カトリック教会は駅にも近く商店街にも松田病院にも近い便利な場所にあります。

d0031853_1234429.jpg
御聖堂(おみどう)の入口から内部を見たところ。自称(かくれキリシタン)・・・本物の隠れキリシタンの風上にも置けないひっそりと隠れている信者の私、この日ばかりは・・・ということでご無沙汰でやってくると、信者のための棚には、入らないくらいにお知らせがたまっていたので片付けた由、教会維持費の封筒だけがひっそりと入っていました。少しは信者らしいこともしなくては、と心ばかりの維持費を1年分まとめて入れて事務所にお渡し。ほんとにひどいものです。

d0031853_12371668.jpg
知った人は母校の寮の寮監をかつてしていらしたシスターと、この教会の信者代表をなさったことのあるHさんのお2人だけでした。そのHさんが、私が写真を撮っていると、もっと前に出てお花を撮って、というのできれいですねというと、そのHさんが活けられたのだそうでした。

 御ミサまでには7割がたの人々でお御堂は埋まり、漆黒のアフリカ系の神父様の司式により執り行われました。侍者は背の高い体格の良い若者と、小柄な高齢の男性の2人。最後の晩餐を模した薄焼きのパンと葡萄酒を掲げる場面では侍者の手により美しいハーモニーの鈴が振られ鳴り響きます。

 そんなこんなで、キリスト教の新年、クリスマスミサに与ってきたのでした。
帰りには神父様が香油を振り掛けて祝福されたお菓子の袋をいただいてきました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2013-12-25 12:44 | しみじみしたこと | Comments(2)

Commented by surgeon24hrs at 2013-12-29 23:26 x
おはようございます。

我々の住んでいるアメリカ南部は別名「バイブルベルト」と呼ばれるくらい皆さん熱心なキリスト教徒です。(主にサザンバプティスト)
毎年クリスマス時期には、キリスト生誕から復活までのストーリーを車で回りながら見ることのできる催しまであります。

今年最後の週末となりました。良いお年をお迎えください。
Commented by kurashiki-keiko at 2013-12-31 21:38
surgeon24hrs様、キリスト教でもプロテスタントには様々な分派があるものと思います。讃美歌もカトリックだとグレゴリア聖歌が元になっていますけれど、アメリカだとゴスペルのようなものが歌われているみたいですね。
ともかく、よいお年を。

<< 我が家の年越しそば/うどん と... クリスマスディナー 我が家では >>