買い物トラブルから

 年明けの5日(日)、今年初めてのお買いもので、娘のところからもらった里芋を煮る予定だったので青みの絹さやを、と思ったらインゲンも絹さやも見当たらず、年明けだからしょうがないなあ、と思いつつそこにあった鹿児島産のぷっくりしたスナップエンドウに見えるものを購入。
 そして予定通りにちょっとゆでて里芋の煮物に添えて食べたところ、さやが固くて歯に残り、これは・・・と夫も渋い顔、私も昨年末からの売れ残りで固くなったのね、と思いました。
 
 そこで、次の8日(水)の買い物の際に青果売り場でまだその残りが陳列されているのを見て、店員さんに話したところ、青果担当の若いオニイサンを呼んでくれました。すると、「これ、グリーンピースと書いてあるでしょう?」との答え。あらら。よく見ると袋のラベルには小さい字で「グリーンピース」とありました。確かに。さやはもともと食べられないものだったのね。042.gif
私のうっかりを反省。

 めったにスーパーの店員さん、特に奥のほうの店員さんと話す機会もないのですが、この日はたまたま、家にある酒粕を使って粕汁も寒い時期だからいいなと思い、ブリか鮭のあらを探したけれど見当たらなかったので、魚売り場の奥に声をかけると、中年のオジサンと、すらりとしたイケメンのオニイサンとの2人。オジサンがオニイサンに「あらはあるか?」と声をかけると、オニイサンがそちらに、と、いつも私が見ないほうの陳列ケースまで連れて行ってくれました。ちょうど適当な量の塩鮭のアラのパックがあってよかった。それにあんなかっこいいイケメンのオニイサンが鮮魚売り場の奥でお刺身作ったりしていたんだ、となんだかうれしくなりました。

そんなわけでできた献立がこちら。

d0031853_1463496.jpg
メインはきれいなイカがあったので大根と煮ました。イカはなるべく短時間火を通すのがコツとありましたので、煮汁でさっと煮て、下ゆでしておいた大根をその汁でじっくり煮てみました。実家の母は大根と煮ると軟らかくなると確か言っていましたが、私はあまりイカは買わないし使い慣れないので、固くて、煮方が下手。
あと短冊に切った長いもの酢の物、ほうれん草胡麻和え、塩鮭のアラの入った粕汁。やっぱり冬場は根菜類のこうしたお汁がいいし、うっかりごぼうを切らしていて、ごぼうの風味は欠かせないなあ、と分かりました。
 で、ごはんは時ならぬ青豆ごはん。せっかく買ったグリーンピース、利用法がほかに思いつかず。あ、子供がいればチキンライスなどもよかったのかも。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-01-09 14:10 | 反省したこと | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< スマホから投稿 LINEのつながり 内と外 >>