入園バッグの布を買いに

 長いことミシンも触ってないというお嫁さんと、当事者の孫と一緒に布地を買いに手芸屋さんへ行ってきました。入園準備シーズンだからか、割合広い駐車場は8割がた詰まっていてちょっとびっくり。お嫁さんは初めて行くお店で、「こんなにたくさんあるなんて」とびっくりしていました。
 たくさんある幼児向けプリントのキルティング地から選び、アンパンマン柄は今は好きだけれど、卒業までの2年間ずっと好きとは限らない、というので、他から、上下の柄合わせが必要なさそうな、新幹線関連の柄を選び、平織プリント地も幸い同じのがあったのでそれ、そして持ち手の平織のテープとDかん、丸打ちの紐、ミシン糸と色合わせをして布を切ってもらうところへ行くと、平織テープが3㎝のでは広すぎるから2,5㎝のがよいとのこと。ところが2,5㎝のは売り切れらしくその色のがない、ということで水曜か土曜なら入るかもしれない、というのでテープだけ後日ということで。
 孫は珍しいところへ連れて行ってもらったので大はしゃぎ、そこらにいる小さい子にちょっかいを出したり、小物の展示のケースをくるくる回してみたり。帰る段になっても大騒ぎしていてなかなか車に乗ってくれなくておお困りしました。

 帰宅すると午後3時、幸い赤ん坊も泣いていなかったそうで、孫のおやつとお昼寝にかかったところで、お嫁さんと布を断ち、キルティングの布にロックミシンをかけるのを教えました。

d0031853_17454580.jpg ロックミシンも初めてらしくおっかなびっくり、幅が少し太くなったり細くなったりでしたが、縫い代多めに取っていたし、お母さんが縫うのだから、きちっと何センチでないからものが入らないということもないし、大丈夫よ、と励ましつつ、4時半が来て赤ん坊が気になるので作業終了。ともかく素直に言うことを聞いて受け入れてくれるのがありがたいと思います。
入園式までにぼつぼつ縫っていけたらと思ってこちらもなるべく手出しをしないで教えてあげて行こうかなと思っています。洋裁などてんで下手な私で、全然上手には縫えないのですがそれでもこれくらいなら何とかできそう。2世帯住宅に暮らすとこんなこともすぐできてよかったかなと思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-01-27 17:29 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< すっかり忘れていた 歯が痛くて >>