孫の点滴


d0031853_9202451.jpg

嘔吐が続きぐったりして、救急外来で点滴を受けました。

 木曜日午後、いつものようにトランプをせがんだものの、こちらはそれどころでないくらいに忙しくて相手できず。その後お嫁さんが、「急に吐いたので心配で、念のため小児科に行ってきます」
とのこと。吐くので口から薬も飲めず、吐き気止め?の座薬をもらってきたそうでした。
 そして金曜日。下の子の予防注射の予定があって、私も集会(友の会の来年度の予算を立てる会)を切り上げて早めに帰宅したら、お兄ちゃんのゆうくんは相変わらずぐったりとうつろな感じでテレビを見ていました。
 予防注射は、お兄ちゃんのが移っている可能性があり潜伏期間かもしれないので延期になりました。
 で、お兄ちゃんのゆうくんは夕方熱も出てきたので、かかりつけ医に。お茶を飲んでも吐くそうだったので、点滴が必要と感じていました。なかなか帰らないのでメールすると、かかりつけ医から倉敷中央病院に回されて、中央病院でやっぱり点滴を受けているとのこと。夜9時までかかるというので、私が夫と食事を済ませてから交代しに行きました。
 昔長男がぜんそくで点滴を受けたことがあり、その時には絵本を読んでなだめながら過ごしたことを思って、絵本3冊を持参。暗い駐車場は、救急センターに行く患者なのかほぼ満車でした。
 広い救急センター受付で申し出ると、ほどなく中からICタグみたいなのをぶら下げたお嫁さんが出てきて、「今寝ています」とのこと。絵本を読む機会はなく、点滴が終わる9時ごろまでずっと眠っていました。途中うっすら目を開けて「お母さんは?」と聞くので、「赤ちゃんにおっぱいあげに帰ったわ、また来るからね」というとまたぐっすり眠りました。3度ほどお医者さんとか看護師さんが具合を見にカーテンを開けて入ってきた以外は、救急車が2度3度と到着するアナウンスがあったり、よそのカーテンの奥でモニターの音がしたり。
 お布団の下の腕には針が抜けないようにしっかりと固定され、ねむっていてよかった。

 幸い一夜明けて、飲んでも戻さなくなったそうで、ほっとしています。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-03-28 21:30 | | Comments(2)

Commented by miyakeoriibu at 2014-03-28 22:41
ご心配ですね。
いつもの年と違って今年はまだまだインフルエンザが流行って
いるようです。
早くお元気になられるといいですね。
Commented by kurashiki-keiko at 2014-03-29 09:53
 miyakeoriibu様、ありがとうございます。幸いインフルエンザではなかったのですが、息子の風邪が移ったのかもしれないとのこと。子供が水分も飲めずにはいてばかり、というのでは体力がたちまち落ちて本当に心配しました。
 おかげさまで快方に向かっている様子です。
・・・スマホから投稿したらやたらに画面が大きな写真になってしまってパソコンで手直ししました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 貫禄ある若いお父さんに感心 やよい茶会 >>