1年前の手前味噌


d0031853_21574366.jpg
自家製のお味噌が、小分け容器のを使い切ったので大元から取り出すことにしました。新聞紙で覆ったふたには、これまで作ったデータが書いてあります。この冬は昨年からのがまだたくさんあったので作りませんでした。

d0031853_21592392.jpg
ぴっちりとラップで覆った上に唐辛子を置いたら、まだ寒い時期なので何とも言えませんが、雑菌の繁殖を抑えているみたいです。

d0031853_2203713.jpg
とってもおいしそうないいあんばいの味噌になっています。小分け容器に取って冷蔵庫へ。こちらはまた同じように平らに均してからラップで覆い、新しい唐辛子を置いて新聞紙の紙蓋で覆い、床下収納庫へ保存します。
 近頃の戸建て住宅は床下収納を作らなくなっているらしいのですが、私はお味噌を作るので絶対いる、と叫んで、おばあちゃんエリアを息子たち用に改造した時にも作ってもらいました。お嫁さんは・・・味噌は今のところ作ってないし、何に使っているのかは不明ですけれど。実家の母はぬかみそを入れてかき回していましたっけ。先ごろ終了した朝ドラの「ごちそうさん」ではぬか床が語り手?で、母のそうした作業を思い出したことでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-04-11 22:05 | 料理 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 幼稚園の入園式 孫と遊ぶ >>