砺波チューリップフェア


d0031853_201413.jpg
砺波平野の典型的な民家は、鎮守の森かと思うくらいの立派な屋敷林に囲まれていて、強い季節風から家を守っているのです。

d0031853_20131324.jpg
やってきました。砺波チューリップフェア。

d0031853_20164733.jpg
上のほうから見下ろせるタワーは30分待ちとかで、モザイク模様がどうなっているのかは見られませんでしたが。

d0031853_20175433.jpg

品種の名前と、ものによってはこのあたりの人らしい、開発者の名前も記載された立札がありました。

d0031853_20184745.jpg
水車が5つも回っていました。横の川はものすごい勢いで流れています。立山あたりから流れてきた急流なのでしょうか。
 にしても、その軸受からは何も生まれないのはとても残念な気がしました。どうせならこれくらい急流ならば製粉ばかりではなく会場の電気を賄うくらいの発電ができるかもしれないのに。
 無駄に忙しがっているのに何も生産できていない人、いないだろうか。・・・


d0031853_20222329.jpg
夫が何か夕食にいいところは、と新湊まで行ったのですが、どうもお店がわからなくて困っていたら、たまたま発見したお寿司屋さんがあって入りました。
「ここらへん、店がないですねえ」というと、「新湊には15,6軒はありますよ」との答えでした。
ともかく、こちら、富山湾で取れたお魚ばかりというセット、2,600円、夫が奮発してくれました。ネタの名前は一通り説明があったのですが、ふーんと聞いてメモも取らなかったので右から左へと抜けてしまいまして。左下がホタルイカ、左端の上側がアカイカ、というくらいしか覚えていません。

d0031853_20251947.jpg
宿泊先のホテルニューオータニ高岡にチェックインし、散歩して帰っていると、ホテル裏口の通りでは、お祭りの獅子舞の連の一つが演技を披露していました。立派なお獅子と、お囃子たち。ほかにもいくつかのこういったグループが街を練り歩いているのを見かけました。

。。。たまたまですが、昨日見たサスペンス劇場の再放送で、このホテル前でのロケが入っていました。「あー、あそこ、止まりに行くところだわ」とうれしがって?見ました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-05-03 14:42 | | Comments(2)

Commented by surgeon24hrs at 2014-05-05 08:20 x
こんばんは。

4月中旬に日本に帰省した折に、チューリップが満開な公園に足を伸ばしてきました。一口にチューリップと言っても色々な種類があって、ビックリしました。中には「え?これがチューリップ?」と言いたくなるようなものまで!

お魚、美味しそう!!
Commented by kurashiki-keiko at 2014-05-07 01:20
surgeon24hrs様、ここまで足を延ばしていらっしゃったのでしたか。本当に、チューリップの種類も牡丹みたいな八重のものから百合咲きから、フリンジがあるものからいっぱいでしたね。

お寿司、「キトキト」というらしいけれど、正真正銘、新鮮でおいしかったです。

<< 能登の旅 その1 いい日、旅立ち >>