上五島の教会めぐりー午後

2014年8月4日(月)、観光タクシーによる教会めぐり、午後です。

d0031853_12311100.jpg
青砂が浦天主堂。午前に回った頭ヶ島教会と並び島内で2か所、国指定の重文だそうです。

d0031853_1245139.jpg
こうもり天井というのか、木を蒸して柔らかくしてから曲げていくという技法で作られた天井は高く荘厳な感じ。
d0031853_2531226.jpg
島内の教会堂には必ずこのような説明板があり、また内部にはスタンプラリーのスタンプが英文と日本語の物と、統一デザインでどこにも置いてありました。途中から気づいて手帳にスタンプを押してきました。

d0031853_1264921.jpg
矢堅目(やがため)。夕景がきれい、と聞いてきたのでしたが、あいにくのお天気、雨が降っていなかっただけまし、と思います。

d0031853_495717.jpg
大曽教会。レンガ造りの建物の前には、両手を広げた、あのリオデジャネイロの山の上に建つようなキリスト像がありました。この内部見学をしようとするとたまたま先客がいて、中の柱は杉と松を組み合わせて作っていること、その柱の下の基礎の石は普通床下に隠れているものだけれども、神父様のお国では見せるようになっているようで、基礎部分の石が床に30㎝くらい出ていること、窓枠のところを示して、日本なら雨じまいは窓枠の外でするのが普通だけれども、外国風は窓の中に水が入ってくるのを当たり前として、それを受ける溝と、その水が流れ出すように外に向かって傾斜をつけた小さな穴をあけているところを見せてくださいました。とても内部の意匠がきれいなので、外からお客様がいらっしゃるとよくここを案内するのだとか。その方になんとなく遠慮で写真撮影ができず残念でした。


d0031853_253404.jpg
中ノ浦教会。これまで回った教会はたいてい高いところに建てられていたのに、この中ノ浦教会だけは海辺に建っていました。雑誌「日経ビジネス特別版 2013WINTER 二人の時間」に紹介されていたのには水面に教会が映っていてきれいな写真でした。

d0031853_31265.jpg
中ノ浦教会内部

d0031853_315150.jpg
中ノ浦教会のルルド

d0031853_334262.jpg
林道から見下ろした中ノ浦教会。

d0031853_363650.jpg
レンガ造りの福見教会

d0031853_371520.jpg
奈良尾のアコウの大木。根っこの下を人が楽に通れる。沖縄ではよく見かけた気がするアコウの木ですが、五島でこれほどの大木、それも人が通れるほどの気根が発達していて大木になっているというのは本当に珍しいと思います。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-08-05 10:16 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 上五島の教会めぐり 午後 その... 上五島 教会巡り >>