来ました、敬老祝いの品

 タイトルを見ると、私がいただいたみたいに読めなくもないですが、敬老の日を前に、1人暮らしの75歳以上の人にお配りする敬老祝いの品が市の社会福祉協議会から民生委員あてに送られてきたのです。
 私の学区の民生委員の定例会で隣の人に聞くと、大体5人から7人くらいの様子でしたが、私の受け持ち区域は23人ほど。ほかの人は古くから住んでいる人の多い地区だったので、親子孫三世代同居も多いのでしょうか。私の受け持ち区域は昔農地を買って自宅を建てた人が多く、独立した子供はよそへ出て行ってしまったのでしょうか、1人暮らしの75歳以上という条件に当てはまる人が多いようです。
 まだ暑い9月半ば、これまでも例年自転車の荷台に少しずつ載せては汗だくで1軒ずつおたずねしてお話をうかがい現況を観察し、リストをチェックし、最後に社協に報告用紙を郵送してきました。
 日頃お元気でお暮しの人とか、町内会の愛育委員さんとか町内の三役の人などのご近所の人とかの目がある人などはほとんどおたずねすることもないので、この機会に皆さんにお話をうかがうことにしています。そういう意味では顔つなぎのよい機会となります。
 今年の品はフリーズドライのお味噌汁セットだそうで、結構嵩高い箱に入っており、自転車の後ろかごだと5軒分くらいがせいぜいか?明日から少しずつお配りして歩くつもりです。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-09-02 23:24 | 日常 | Comments(0)

<< お届けしました、敬老祝いの品 投稿が読まれてうれしはずかし >>