気の早い買い物かも

d0031853_17242113.jpg
出かけた帰り、大型文具店の前を通りかかって「そうそう、もう出てるかな?」と立ち寄ってみたら、ありました。
 もう、来年の手帳や日記帳が出てるんですね。以前は10月半ばくらいに、お気に入りの罫線やら表紙の色やらのが売り切れないうちにと気を付けて買っていたものなのですが、まだ9月中旬というのに、ちゃんと出ていました。
 赤い手帳は、以前こちらのブログにも書いたと思いますが、そそっかしい私、どこへでも置いては探し回ることがあるので、財布とか手帳の類は目立つ赤、と決めているのです。一昨年、この手帳の高橋書店のが、いつもの純色の赤がなくて、オレンジがかった朱赤しかないという年があって、抗議のはがきを出したのが奏功したのかどうか、昨年にはまた元の純色の赤が復活してくれてほっとしました。というくらいにこだわっています。

 10年日記は、以前、かのご高齢の日野原重明先生が、森光子さんに贈呈されたことがあると聞いたことがあります。自分の寿命が・・・なんて考えない事。
 私はそれまで3年日記というのはつけていたことがありましたが、3年という単位だとそれ以前に何をしたか知りたいという事も出てくるのです。たとえば大型家電を買った年、いや、この頃はどこそこへ旅行へ行ったのは何年前だったかな?とか、誰それさんが亡くなられたのは何年前?とかいう時に大変便利。1日分はたったの3行なので、あったことをかいつまんで、という書き方になるのですが、それが長続きする秘訣。3行あればそれを手掛かりに思い出すことが沢山ありますから、十分。10年分が縦に1ページ並ぶ今年の日記帳は、その1日にこの10年間に何があったかが一目瞭然、とても楽しくて感慨深いものがあります。
 10年ひと昔と言いますが、いつの間にやら10年、ですがその中にはこんなにもたくさんの事件・出来事があったんだなあ、と、つけてきてよかったと思います。2冊目の10年日記、を開く来年の1月が楽しみです。



iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-09-12 17:24 | 日常 | Comments(2)

Commented by miyakeoriibu at 2014-09-12 19:35
こんばんは!
10年日記の今年は10年目ですね。
書く度に1年前は、2年前は・・・・・・・・思い出が詰まっていますね。

来週火~金 NHK「もぎたて」でミズアオイの写真を映してくださいます。
ご都合がつけば見てください。
Commented by kurashiki-keiko at 2014-09-14 21:32
miyakeoriibu様、3行ですので、思い出のとっかかりと申しますか。たとえばこの前同窓会があったのは何年前、だとか、大きな行事のあったのがいつなのか、すぐわかって便利です。
 NHKの夕方のローカル番組お天気のバックですね。実家の母も以前出してもらったことがありました。楽しみに見て見ます。

<< お布団、パジャマの入れ替えへ 吉備路を散策 >>