お布団、パジャマの入れ替えへ

d0031853_100149.jpg
朝になると涼しさに肌が慣れていないせいもあるのか、もはや夏物の薄いパジャマやら夏蒲団やらでは頼りないと感じるようになりました。
もう少しと思ううちに手遅れになるのを恐れて、早めかもしれないけれど、夏布団カバーやらパジャマを洗濯したり布団を干したり、ちょうどいい具合にお天気だし、夫は一泊で社員旅行に出かけたし、でフリー。
昔は毛布洗いなども初夏のころには5人分を浴槽で踏んであらって一気に干したりしていたものでしたが、今や夫と2人分で体力的にはいい加減です。寝室の窓辺にかけていたすだれも仕舞いました。このあたりの家は土地一杯に家を建てたいために2階の軒のない家、つまり屋根から軒がなくて直接壁、という家も多く、したがってすだれをかけるスペースもない、という家もあるし、軒があってもすだれを掛けるという家は我が家だけ。日差しを遮ると暑さが違うのになあ、と思いつつ、季節の初めにはすだれを出してきてつるしたり、1階にはよしずを立てたりグリーンカーテンのゴーヤーを植えたりの我が家です。あ、共働きでそんな季節の家事をするゆとりもないのかもしれませんね。淋しいことです。

 畑を耕して大根の種まき準備も、それからこのところ手提げ袋2つが、ナイロンコーティングというのか?コーティングが劣化して肌にまとわりつくようになったので、夫が外食だったのを幸いにずいぶん久しぶりにミシンを昨晩出しました。
 既製品の程よい大きさのをずいぶん探したのですが、A4が縦に入る大きさの手頃なのが見つからず、あまり布の有り合わせで昨晩1枚縫いました。口の所にファスナーをつけたかったのですが、私の技術ではうまく収まらなくてあきらめ、裏地だけはポケット付きで作りました。
 もう1枚を今夜に作ろうかな? 



iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-09-13 10:00 | 日常 | Comments(2)

Commented by ラベンダー at 2014-09-13 22:08 x
今13日(土)は県民会館で催し物がありました。婦人の友にものっていますが武蔵野大学の榎田二三子先生の講演会でした。私は会場係りでしたが、前日午前2時尿路結石になり苦しみましたが何回目かなので救急車の世話にはならず2時から4時までに何とかおさまり、今日の催しものになリました。自分でも驚きましたが、初めての時ではだめだったでしょう。
 
手提げ袋2つも作ったり、いろいろ家事をこなし、うらやましいです。元気な証拠ですね。明日からまた私も頑張ろうと思います。
衣研ではへちま襟のチュニックの外部向け講習会があります。私も作ったのですがやっとのことです。
Commented by kurashiki-keiko at 2014-09-14 21:37
榎田二三子先生のお話は2月の2,3才児を考える集まりでも明日館で聞かせていただき、大変良かったです。そちらにいらしたのですね。良かったでしょうね。
 尿路結石は大変痛むと聞いておりますので、ずいぶん大変なことでしたね。よくまあ辛抱なさいました。
 私の手提げはいい加減な縫い方ですので、洋裁をなさる人には及びもつきません。襟付きのチュニック、いいですね。

<< 夜なべで縫い上げました 気の早い買い物かも >>