古いパソコン、処分に


d0031853_3271942.jpg
Windowsが発売されるより前の、フロッピーで起動するような?パソコンが、我が家の2階納戸に長い間放置されています。これはたぶんそっち方面の学校へ行った息子の勉強道具だったらしいのですが、当人は今や液晶薄型ディスプレー2面を相手にしていて、こちらはすっかり忘れているようです。
たまたまリサイクル業者さんが電話勧誘してきたので、だめ元で来てもらいました。2階から持って下ろそうとしたら重くて腰がぬけそうになりました。
玄関先に置いておくと、大阪から来たというイケメンがやってきて、最初のうちは「ノートパソコンよりデスクトップ型の方が部品が使えるのでいいんですよ」などと言い、携帯で写真を会社に送り査定してもらいました。返事が来るまでの間に、「貴金属も買い取りますよ、大阪ではどんな古い指輪やネックレスでもいい値段で売れますよ、着物や古切手もありませんか」、などと言いながら金のネックレスとか、古い指輪などを見せてセールス?トークを繰り広げました。
結局査定では多分古すぎたのでしょう、買い取り不可となり、重いのに運び下ろしたパソコンは、また運び上げる余力も失せ、この際ちゃんと送るべき先に料金負担してでも処分を頼みたい気になってきました。

iPhoneから送信
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-10-20 17:48 | 日常 | Comments(0)

<< 超古パソコンの廃棄に取り掛かる 家族新聞「あじさい通信」210... >>