洗濯機トラブル

先日、いつものように夜お風呂に入りながら洗濯機を回し、出てみてびっくり、洗濯機のあたりの床が水浸し。そのあたりに敷いていたマットもびっしょりであわてて雑巾で拭きました。
 朝、もう一度どこから水漏れしたのかを確かめようと、洗濯してみましたが、ちょっと目を離したすきにやはり床がびしょ濡れ。
 そこで、なじみの町の電器屋さんに来てもらう事にしました。
 来てもらって、思い出して先日洗濯ゴミフィルターに、細長いゴムの切れ端が引っかかっていたのを見せると、それだ、という事になり、部品を取り寄せているよりメーカーの修理部門の出張の方が早いから、と依頼してくれました。
 翌日、メーカー(パナソニック)の出張の人が来て、しばらくごそごそしていたと思ったら、洗剤の投入口の小さな引き出しを引き抜いて見せてくれました。と、そこには・・・・
 ぞーっとするほどまーっくろけにカビだらけの内部が。あんまりカビだらけになったものだからパイプが詰まり、そこからあふれた水が漏れだしてきていたらしいのでした。引き出しを引き出した奥とは、まったく気づきもしませんでした。引き出しの抜き方も初めて、右手のふちの所に小さなぽっちの印があり、そこを押さえると抜くことが出来る、と教えてもらいました。(取説にそんな注意書き、あったっけ?)
 おまけにドラムも歪みが出てきて、少しずつパッキンがはがれて落ちていたのが先日のゴムだったそうです。奥の円盤状の網(バックフィルター)もそのせいで爪が取れて外れかかっており、外れたらもちろん洗濯できなくなるとのこと。「修理に4万5千円なにがしかかるけれどどうしますか?」と聞かれました。洗濯機にはビニールテープで購入年月日と値段を書いて貼りつけてあるので、2007年に19万8千円で買ったことが分かり、まだ10年たってないのに買い替えなんて、しかもそんなお高いものを、と思い、即、修理をお願いしました。
 幸い部品は持っているとのことだったので、それから1時間ほどかかって取り替えてくださいました。やれやれ。
d0031853_352271.jpg

d0031853_352254.jpg

d0031853_352294.jpg
写真はそこの部品を取り替えてもらった後のもの。あとで馴染みの電器屋さんから請求書が来るとのことでした。
これにこりて、以後は洗濯の後は洗剤投入口の引き出しを抜いて、その奥を乾燥するまで待つことにしました。
 日頃から洗濯ドラムのほうは内部にカビとか汚れが来ることはわかっていたので、時々洗浄剤を入れては掃除したり、ドアをあけっぱなしにして乾燥を心掛けていたのに、こんなところがカビだらけになっていたとは。
同じ機種をお持ちの方々、お気をお付け下さい。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2014-10-26 03:52 | 日常 | Comments(0)

<< 映画「グレース・オブ・モナコ」を見て クリスマスコンサートのお知らせ >>