倉敷美観地区歩き sanpo


d0031853_16323564.jpg
実は、元日に寝たお布団が合わなかった?のか、背骨というか背中の筋肉が張った感じで痛くて、あまり歩けないのですが、それでも運動不足解消にと、ぼちぼち歩いて美観地区へ出かけました。
阿智神社で、初詣ではないですが昨年のお札を返して、甘酒をいただいて、本町界隈から美観地区へ。
さて、お昼、うどんの「おおにし」でうどん。ほぼ満席の所を裏の調理場そばのカウンター席なら、というので、そこで夫わかめうどん、私カレーうどんをいただきました。お祖母ちゃんがうどんを温め、若い人がうどんを打ち、一家総出で働いている様子が見てとれ、うどんもその一家の感じも温かいと感じました。
そして、こちらの景色。絵になる身を一杯につけた栴檀の大木と、そして手前の柳が気になります。

d0031853_16262021.jpg
すっかり年老いて枯れ果てたような柳。
この柳の前で、2005年9月に母を撮りました。当時84歳でした。
そしてその時もたまたま「おおにし」でうどんを一緒にいただいたのです。

d0031853_16271298.jpg
年をとっても元気でこの柳のように生きよう、とあやかろうねと撮ったのですが、母も昨年93歳で亡くなりました。9年の歳月を感じさせるこの柳の姿でした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-01-03 16:29 | おでかけ | Comments(1)

Commented by mmkk1114 at 2015-01-04 12:26 x
お母様のお写真いいですねぇ!
柳の枝に雪折れなしで、柳は強い樹なんですね。 樹齢何百年と言われます。東京にも銀座柳、吉原の見返り柳…など。私の一番好きな柳は京都六角堂の地摺り柳です。
恋の芽を育む地すり柳かな
改めてお母様のご冥福をお祈り申し上げます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 「自撮り棒」に思う 喪中とは >>