たこ天卵とじと八朔―しまなみ海道 因島 瀬戸田へ

夫の「どこかへ行きたい病」のため、八朔を買いに瀬戸田まで出かけてきました。
平山郁夫美術館の近くの駐車場を見つけて車を停めると、その駐車場の窓口で食堂の割引券を渡されました。宣伝上手なその食堂「ちどり」、あまり食べるところもないと思って、探すとすぐに見つかりました。
d0031853_22345553.jpg

ほぼ満席のお客でした。やっと隅の小上がりに空きがありました。メニューはこちら。
d0031853_22371416.jpg
このうち、「おススメは?」と尋ねると、よく出るのがたこ天卵とじだと言われて、では、と注文。
d0031853_12565245.jpg
1200円。たれがしみていておいしかったです。

d0031853_2241966.jpg
ツイッターでこのことを書くとデザートがただ、なのだそうですが、残念ながらいざというときにツイッターのアカウントが思い出せず、この頃使っていないので・・・残念。
ただし、

d0031853_22432378.jpg
駐車場でもらった割引のため、1割引きにはなっていました。
それから、その通りにはジェラート屋さんがあって

d0031853_22441162.jpg
d0031853_22454771.jpg
地元のレモンなどのかんきつ類のおいしいアイスが。それとアイスの入ったぜんざいも。

d0031853_22465589.jpg
d0031853_2247911.jpg
平山郁夫美術館にも、せっかくなので行きました。幼いころの絵日記だの中学時代の日本画の模写だのがあって、栴檀は双葉より芳し、幼いころの絵日記もしっかりと人の動作などの描写が出来ているのに感心。お母さんが相当の教育ママだったらしいけれど、絵が好きらしいと見抜いてノートとクレパス?を与えて絵日記をノルマにしたらしいこと、それによって集中力が養われ絵への興味が養われたという事がわかり、大変参考になりました。

 駐車場の入口の所にミカンやさんがあり、八朔1箱2,000円で買って帰りました。そこには、もっと大きな箱があって同じ値段だというので聞くと、おばさんが「そこのは私と同じ」「つまり見かけは悪いけれど中身は一緒、という事ですかね(失礼ながら。)」
ということで、お得な方をわが家用に、こちらの写真のは正味5㎏で娘の所へ。
d0031853_22542064.jpg

d0031853_1484234.jpg
因島大橋。
余談ですが、しまなみ海道には多くの巨大吊り橋がかかっていますが、この主塔の補強材がここはX型、H型のやらV字のやらそれぞれよく見ると皆違う個性があるのを発見しました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-01-11 12:56 | おでかけ | Comments(1)

Commented by mmkk1114 at 2015-01-12 01:03 x
どこかへ行きたい…健康そのもの、羨ましいかぎりです!
松過ぎてこみ合う内科歯科耳鼻科
このところ、もっぱら医者通いが続いてます。
それにしても、美味しそうな…1200円とは安い。東京はどこへ行っても平気で値上げラッシュです。
ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 白鳥のパフォーマンス 倉敷美観... 今年も七草がゆ >>