寒い日は片付けに最適

我が家は昭和62年の新築ですから、築28年目に差し掛かろうとしています。で、お通夜も法事もしてきたため、お線香が畳に落ちて線状の焼け焦げがあること、建具も隣の洋間とこちらのお座敷とで洋間の側にはベニヤ合板とお座敷の側には和紙を貼りあわせているため居間の方にエアコン、特に暖房を使うとどうしても反るため、和紙の方がベニヤの一番上の薄い木材を連れて?はがれてきてどうしようもなく、2月22日(日)に予定している義母の一周忌を機会に、畳替えと建具も作り替えることになりました。 

 今朝から新しい建具を持参した建具屋さんが午前中かかって調整にかかってくれています。夕方には畳が替わる予定。気分一新、住み手は片付けべたなので、職人さんが作業している間はどうせ何も手につかないし、居間の飾り棚やらパソコン机の上などの片づけをしていますが、・・・パソコン机にはミルフィーユ状に書類の山、やら、古い写真がそこらに散らばっていたり、年賀状の当たりを見てなかったな、と思ってネットで調べて見たり、なかなかはかどりません。

 日々ご夫婦でお掃除をしてから朝食をする、と言われていた先輩宅を一昨日お通夜のために初めてお訪ねしたら、訪問客やらご親戚の方々やらでごった返してはいたものの、すがすがしく片付いたお宅に少なからず衝撃を受けました。
 片付くとはどういう状態なのかというお手本を見せられ、恥ずかしながら、忙しさにかまけてというか、目の前の仕事を最優先に、優先順位をつけて(仕事を)片づけて行くことを強いられてきているので、どうしても掃除片づけは後回し状態になって目をつぶることを続けていて、ずっとずっと我が家は片付いていないのです。法事という良い機会が与えられたので、それまでにぼつぼつ、片づけます。(ほんとに片付くのかいな?008.gif

d0031853_1111959.jpg
今日はおりしもこの冬一番という寒さなのだとか。冬籠りに片づけ、いいかもしれません。

とはいえ、午後からまたプロジェクターとスクリーンを借り出して、講演会で使う映像の試写のために友の家にセットする用事が残されています。4時には畳屋さんが来る予定なので限られた時間を能率よく使わなくては。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-02-09 11:13 | 日常 | Comments(1)

Commented by mmkk1114 at 2015-02-09 15:59 x
こんにちは!
畳替えですか、大変ですね。
私の父は大工の棟梁でしたから、子供の頃よく父の仕事の現場へ出掛けました。
畳屋が入る頃は、もう完成間近かです。畳屋の仕事を見るのが好きでした。
畳替えは今どのくらいのお値段なのでしょうか? 畳屋が来て春の日を裏返す

「畳替」は冬の季語ですので畳屋としました。
ありがとうございます。

<< わが家の晩ごはん バラに肥料 >>