春よ来い ♪「歩きはじめた みーちゃんが・・・」

 孫の1歳5か月になる女の子が、家の中ではよちよち歩いていますが、3月21日、お彼岸の墓参りに行こうと出かける前、初めて靴を履いて外を歩くのを見ました。少し前まではいはいだったのが最初の一歩を踏み出した時にも感動しましたが、この日は初めて表を靴を履いて歩いたのを見てまたうれしさで胸がいっぱいになりました。靴はお兄ちゃんのお下がりだそうです。私の車で行くことになり、息子(父親)に手を引かれて駐車場まで。
d0031853_3543148.jpg
わが子の時にはとにかく早く子育てが楽になりたいと思っておりましたが、孫になるとやっぱりこうした歩みを目にするとなんだかしみじみするものだと思いました。
お墓では、上の孫は親たちが草取りする間一緒に草取りを手伝う気はなかったので、お水を上げてね、というとお供え用の湯呑に水を入れたりお墓にかけたりしてくれ(半分遊んでズボンを濡らしたり)、このよちよち歩きの方は親の動作を見て何やらしゃがみこんで地面をひっかいておりました。幸いお天気もよく暖かい日柄で、いつものカラスに交じってウグイスの声も聞こえ、のどかな墓参りでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-03-22 04:00 | しみじみしたこと | Comments(0)

<< 家族新聞「あじさい通信」215... 雨のお葬式、バイオリンとチェロ... >>