ぶらぶらと 倉敷美観地区 亀遊亭 ほか

3月22日、春らしく暖かな一日。家族新聞を投函がてら美観地区方面へお散歩。
d0031853_2227279.jpg
羽島のところの民家の庭先にはコブシの花。

d0031853_22275633.jpg
菜の花が満開。お家の前の畑なのでしょうか。

d0031853_22283466.jpg
今回は東町の方から行くと、土蔵の壁の所にこんなポストみたいな神棚のような物。

d0031853_22292244.jpg
東町の所。旅館東町は旅館もレストランも店をたたんでしまって淋しいです。そしてこの写真の奥左手、「トラットリアはしまや」はもしかしたら11時半過ぎくらいだったので入れるか?と期待して行ってみたのですが、予約で満席だそうで。残念。
観光客を乗せた人力車夫が、はしまや呉服店の前で、「ここは県の文化財でして」なーんて説明をするので、『国指定ですよぉ」と聞こえないくらいに横からちゃちゃをいれます。

で、美観地区は人が多いので、12時前くらいには食事に入らないと行列になりそう、と、夫に「つね家」はどう?・・・「浜吉は?」「高い。」・・・
「息子が結婚式をあげた華紋のフランス料理は?」「日本人なんだから」・・・などと、夫に付き合っていたらお昼にありつけないわ、とぶつぶつ。では「おおにし」のうどんは? 「・・・・」 美観地区はありがたいことに食べ物屋さんはたくさんあるのでお散歩には楽しみ。「あずみ」の日本蕎麦は?・・・・夫は「そばなんて腹の足しになるか」という、江戸っ子が聞いたら怒りそうなことを言います。大原さんがわざわざ呼び寄せて開業させたとかいうお蕎麦屋さんなのに。それで、久々に「亀遊亭(きゆうてい)はどう?」とダメ元で言ってみると、意外にも行く、との事。さっきアイビースクエアやらフランス料理はだめなんて言っていたのに。というわけで、国際ホテルの営業によるレストラン亀遊亭へ。中は古民家を改装した古い建物です。選んだのはステーキランチ、とはいえポークです。1人前1,650円。さっきは「高い」なんて言っていたお店はどうなの、と言いたいですが、夫のこづかいから払ってもらうのだから・・・。

d0031853_22314497.jpg
葉っぱのサラダ。

d0031853_22425646.jpg
次が向う側、写真を忘れましたが「トマトと押し麦のスープ」。赤くて酸味のあるトマトスープの中にふんわりとなった押し麦が入っていました。
メインのポークステーキは脂身が甘くておいしい。添えの野菜にブロッコリーや人参という定番のほかにヤングコーンと、多分地元野菜のごぼうと蓮根があったのは珍しかった。それにパンが2種類。お肉のソースをパンにつけて食べました。
コーヒーはついていなかったので、別に注文して210円でした。


d0031853_224716.jpg
川の中にいつもいる白鳥がいない、と思ったら、亀遊亭の裏手の所に居ました。巣作りをしていて、卵でも抱えているのかな?

駅前メインストリートから商店街、郵便局で家族新聞を投函した後、やっぱりここらで一息入れたくなって。倉敷中央病院の院内カフェです。

d0031853_2248549.jpg
広々とした空間でドトールコーヒーの飲み物と、ケーキを半分こ。980円は家計費から。誘惑に負けてちょっぴり後悔。。。まあ、たまの日曜の散歩の楽しみですから。

[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-03-22 22:54 | おでかけ | Comments(2)

Commented by mmkk1114 at 2015-03-23 12:01 x
こんにちは!
倉敷美観地区のお写真とコブシの取り合わせで、一句詠んでみました。

古民家の板塀つづく花辛夷

ありがとうございます。
Commented by kurashiki-keiko at 2015-03-26 13:48
mmkk1114様、コメントありがとうございました。あなた様のように一句詠めればよいのですけれど。
こちらこそありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< おっとと・・・春の野に出でてつ... 家族新聞「あじさい通信」215... >>