この花何の花?


d0031853_325633.jpg
門扉の所に置いてある鉢植えの木に花が咲いていました。
 赤い実がなるはずなのに、北向きの所のせいでずっと実がつきませんでした。教会の前庭には大きな木があって、鈴なりに実をつけているのを見てびっくりしたことがありましたけれど。
 生協の宅配で買ったこの木の名前は「クリスマス・ホーリー」。クリスマスカードで見かける、とげの数の少ないヒイラギの一種です。買った時には夫が「なんじゃこりゃ」と言ったくらいに貧弱な枝ぶりでしたが、長年少しずつ枝の欲しい方の芽を大事に育てるなどして形を整えてきました。赤い実、なるといいなあ。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-04-11 03:07 | うれしかったこと | Comments(2)

Commented by mmkk1114 at 2015-04-11 16:54 x
こんにちは!
ホーリーですね。セイヨウヒイラギとも呼ばれ、モチノキ科です。
ヒイラギ(柊)はモクセイ科です。柊の花…冬の季語です。
また、柊挿す…は節分の晩の季語、柊を門に挿すと邪気を払う~と。

春めくや門にセイヨウヒイラギも

ドアノブに柊挿すやビル住ひ

ありがとうございます。
Commented by kurashiki-keiko at 2015-04-12 03:10
mmkk1114様、クリスマスホーリーはモチノキ科、ヒイラギはモクセイ科、そうですか、科が違うのですね。勉強になりました。
ヒイラギは邪気を払うとは聞いたことがあります。
以前はドアの外の植え込み部分にヒイラギナンテンを植えるのがはやったことがありましたが、2年ほど前にそれも枝振りに飽きてきて北向きでも咲くような花もいいかと、今はクリスマスローズを植えて花がちょうど咲いています。(こっちを掲載してもよかったですね)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 珍しい食材が 高知市ひろめ市場 食材のまとめ作り >>