尾道の商店街の魅力

5月24日(日)、例によって夫の「どこかへ行きたい病」に付き合って、尾道へ出かけました。
例によって市役所横の市営駐車場へ。ここの良い所は、熟年夫婦にとってはトイレが併設されていることです。いざ出発、と言う前に用を済ませておくことができるのはありがたいのです。
ちなみに駐車料金は11時28分から13時45分までで510円でした。

d0031853_16272557.jpg
いつもならすぐに海岸沿いの和食の店へ行くのに、この日はなぜか商店街へ。すると、こんなレトロな動く遊具が。1回30円だそうです。尾道らしいと感じるところです。以前はもっと古い、10円入れると動くオバQの遊具があるところがありました。

d0031853_16291034.jpg
こちら、尾道帆布の店のウインドーにファッション用のランドセル。ついこないだ、新聞でこのごろ外国人の土産物で人気なのが意外にも日本のランドセルだと読んだばかりなので、こんなのかも、と思ったことでした。

d0031853_16305064.jpg
尾道の魅力の一つはこんな小路から海が見えること。商店街を歩いてもここぞという食べ物やさんに行き当たらなかったので、やっぱり行きつけの和食の店へと曲がろうと。

d0031853_16321747.jpg
ところがやはり出遅れたので、すでに満席。がっかり。

d0031853_16333354.jpg

仕方なく、斜め向かいの「花あかり」と言うお店へ。

d0031853_163497.jpg
床が一段高くなっているのは、防波堤の向こうの海がみえるように、という配慮から、でした。

d0031853_1635181.jpg
店内はどことなく洗練とは違う素人っぽい感じ。でも

d0031853_1636444.jpg
ちょっとブレましたが、1個ずつ違うコーヒーカップが奥の壁面にありました。
また、
d0031853_16373710.jpg
定食にある天ぷらはいらないと言ったら、この赤い布の巻物が手書きのメニューになっていて、刺身定食1,630円を勧められ、ちょっと高いと思いましたが夫がいいと言うのでそちらに。
周囲のお席の人はお昼の定食、おいしそうな天ぷらつきのを次々に注文していました。(天ぷら、決して嫌いではないのですが)・・・そして、来ました、お刺身が。

d0031853_16401987.jpg
どーんと。
な、な、なんだこの飾りは!と思いました。
あまりにも素人っぽいデコレーションだったので。
続いて

d0031853_16412799.jpg
こちら、左下の煮物は味がしみてないじゃが芋だったし。こちら要らないような気がしました。
が、お刺身の生きの良さは確かによかったし、気恥ずかしいようなデコレーション以外は、おいしかったです。

食後、日差しもあるしせっかくの尾道なのですが夫の趣味?でアーケード街をぶらぶら。

d0031853_16445175.jpg
珍しい商売の刃物屋さんには前回も立ち寄りましたが、こちらは刀のつばを利用したキーホルダー。このうらっかわはマンモスの牙からとったペンダントだの珍しい材料を使ったアクセサリーやらカッターナイフやらが展示してあります。もちろん売り物ですが。

d0031853_1647183.jpg
こちら、和服のリサイクルショップ。こういった業種も尾道ならではという気がしますが、今回それよりも上を見上げると・・・

d0031853_1648647.jpg
照明の取り付け部分の所にツバメが巣作りをしているではありませんか。なんとかわいい&商売には困るのかも。

d0031853_16504397.jpg
もとお風呂屋さんの雑貨屋&カフェは健在。夫がかりんとうを購入。いつかここで飲ませてもらったでこポンのフレッシュジュースがあまりにもおいしかったのでまた、と思ったけれど、時期がおわったのでしょうか、また経営者も変わったのかも、メニューにありませんでした。

d0031853_16525870.jpg
おみこしの「お旅所」を横目に見て・・・

d0031853_16534016.jpg
ウルトラマンがありました。さすが尾道!?
そして、ずっと前から時々寄っている「もめんく」という瀬戸物屋さんをたずねると、最初のころには90歳近い老夫婦がいて、おじいさんがとても愛想よい話好きな人だったのですが、次に行くと亡くなっていて、息子さんがいて、今度行くとそのおばあさんはウイークデーはデイサービスに炒っていて、日曜だからたまたま出ているとのことでした。その朝割れたばかりのガラスコップを、3個ばかり購入しました。

d0031853_16564466.jpg
尾道ラーメンの有名店なのでしょう、行くときも帰る時もこのくらいの行列がずーっと長く伸びていました。ありつけるまでに3,40分は待つのでしょう、気短な夫にはとても考えられない事です。

d0031853_1658551.jpg
帰途、福山西サービスエリアのバラ園。サービスエリア職員の手によるステキなバラ園でした。さすが「バラの町」を標榜する福山市だけのことはあります。
どうという事はありませんが、結構楽しんだ尾道の商店街歩きでした。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-05-25 16:59 | おでかけ | Comments(4)

Commented by mmkk1114 at 2015-05-26 03:05 x
こんばんは!
仲むつまじく、いいですね。
「どこかへ行きたい病」…は「ブラ紀行」に思えますよ。羨ましい!
夏めくや尾道を行くブラ紀行
ブラタモリに負けずに、どんどんブラ紀行して下さい。
ありがとうございます。
Commented by surgeon24hrs at 2015-05-30 01:01 x
おはようございます。

素敵ですね、尾道。しかもご主人と、お出かけ!

映画では何回も観たことがあるのですが、実際には一回も行ったことがありません。いつか行ってみたいものです。
Commented by kurashiki-keiko at 2015-05-30 12:54
mmkk1114様、そういえば「ブラタモリ」と似た感じですかね。ぶらぶらと目的もなく出かけています。
Commented by kurashiki-keiko at 2015-05-30 13:00
surgeon24hrs様、尾道の映画と言えば、古くは小津安二郎監督の「東京物語」、近くは大林宣彦監督の尾道三部作が有名ですね。海が近くて山が迫っていて、古い町並みやお寺があって、志賀直哉の旧宅や林芙美子文学館等があって。
それらは前に見たのでこの頃は商店街のレトロな雰囲気に浸り(アーケードと、平らな道歩きが楽なのが本当の所)夫はお気に入りのようです。
なかなかそちらからお出かけになるのは難しいでしょうから私が代わりにご案内と言ったところでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< わが家の花-山あじさい2種と香... 空気読めない質問に >>