「つけててよかった家計簿」ふたたび。

 昨夜のこと、いつものように合唱の練習に行っていて、月初めなので会費をお払いする段になって、会計の人から「そういえば、あなた4,5月に休みがあったから会費をまだもらっていないみたいだけど」と言われるので「?」多分払ったと思うけど、と手元の赤い手帳を見ると、5月の所に「会費2,000円」と、ごちゃごちゃしたメモの間に書き入れていました。
 でも確証ではないので、「毎日財布の中の現金を合わせているから、帰ってから家計簿を確かめてみるからね」
というと、えらく感心されました。
帰宅後見ると、やっぱり手帳のメモの日にきちんと「4,5月分会費」として教養費の欄に記入があり、確信が持てました。で、報告のメールをすると「すごいね、助かったわ」というので、
いえいえ、「私は自分の記憶力に全然自信がないので、忘れないうちに記帳しているだけよ。」と返信。

・・・ためずに記帳、記憶より記録、これは私の鉄則です。
d0031853_1301040.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-06-03 12:47 | うれしかったこと | Comments(4)

Commented by mmkk1114 at 2015-06-04 01:25 x
こんばんは!
またうまく行きましたね。マメにメモする習慣のお陰ですね。
八十歳になると、物忘れが激しいです。いつもメモ帳を持ち歩きます。
枝豆をせっせっと食べるボケ封じ
昨日テレビで認知症対策の食べ物は枝豆が一番と、やっていました。
ありがとうございます。
Commented by kurashiki-keiko at 2015-06-05 00:23
mmkk1114様、そうですか、枝豆にそんな効果があるとは。大豆のイソフラボンのせいでしょうか。夫にはいつも豆乳ヨーグルトを切らさないように1日1個食べてもらっていますが、少しは効果があるのかしらん。
Commented by ひろっち at 2015-06-10 19:18 x
keikoさま

以前、「現金合わせを始めました」とコメントした日から今日まで(自分でも信じられないのですが)続いています!

その間、1日で2000円も!合わなかったり、100円、30円と金額は少なくても合わない日も続いて随分と落ち込みました。

というか、こういうことが薄々自分の性格上、ありうると思って今まで避けていたのです。でも向き合わねば、と思い頑張っているとそれを見ていた子どもも影響を受けておこずかいの現金合わせを始めたのです。

だんだんと毎回の支払いを注意するようになり、ここ1週間はピッタリと合って気持ちのいい毎日です。

帰宅したら、冷蔵庫に買ってきた食材を入れ、すぐさま財布を逆さにしてお金を全部だし。家計簿記帳と現金合わせが食後の歯磨きのよう、と言っていた先輩会員の言葉がようやく実感できました。

今まで何度挑戦しても続かなかったのに、自分でも不思議です。

keikoさんのブログがきっかけとなったことは間違いありません。

本当にありがとうございます。

Commented by kurashiki-keiko at 2015-06-10 19:29
おお~!!
ひろっち様、うれしいご報告をありがとうございます。
私も結構高額が合わないこともしょっちゅうですが、合わない金額がこれだけあるという事がわかるだけでも大したもの、と自分で思っています。
現金合わせの大切さ、やってみてこそわかることだと思います。続けてくださいね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 栄養指導から 倉敷美観地区 緑濃く >>