天草の夕日

d0031853_17325524.jpg

今日は観光タクシ-で島原を観光し、藩主のゆかりの本光寺、島原城、北村西望美術館、噴火資料館を見学。本光寺では日本最古の世界地図があり例によって質問していたら、ご住職が出てこられて1600年の伏見城の戦いの武将の配置の絵図の説明など詳しくうかがえました。
お昼は島原の老舗らしい姫松屋で名物「具雑煮」を。その後天草四郎の原城跡を見て口之津からフェリ-で天草の鬼池へ、そこから宿の迎えの車で30分、下田温泉へ到着。明日はあの「サンダカン八番しょう館」に出てきた崎津などへいきます。
今、部屋から東シナ海へ沈む夕日を見ています。昔貧しかった天草から人買いに売られて海を渡ったり、またキリシタンになって救いを求めたりしたのでしょう。迎えの人の奥さんはなんと倉敷市児島で働きながら定時制高校へ通ったそうで、私は同じ建物の昼間の生徒だったなんて、奇遇。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2005-11-13 17:32 | | Comments(2)

Commented by yassy127 at 2005-11-13 18:34
まことにきれいな夕日ですね。
海に沈む夕日はめったに見ることができません。
Commented by kurashiki-keiko at 2005-11-15 16:38
携帯で撮ったのでこの程度ですが、実際はもっと美しかったです。
東シナ海へ沈むと思えば、瀬戸内海とはまた別の感慨がありました。

<< 天草四郎 真知子岩 >>