土曜日の晩ごはん


d0031853_15514313.jpg
土曜日は息子がいるのでピザにすると、種とトッピングを用意したら伸ばしてくれます。
そして、この日は私が朝食のまとめ作りをしている間に夫も駆り出して、粉をこねる役を頼みました。初めてです。
レシピはクックパッドで。
   強力粉・・・・・・・240g
   薄力粉・・・・・・・・・60g
   塩・・・・・・・・・・小さじ1/2
   砂糖・・・・・・・・小さじ2
   オリーブオイル・・小さじ1
   ドライイースト・・・小さじ2
   水…(加減しながら)200cc
出かける予定があったので、こねておいてからポリ袋に入れて冷蔵庫へ入れてゆっくり発酵させておきました。種が少ないかと思ったけれども、おとな4人と幼児(少食)でちょうどよかったです。
 これをトッピングやミネストローネの準備が出来てから、息子が6等分にして伸ばしオーブンペーパーの上に置いて、嫁と私がフォークで穴をあけてオリーブオイルとピザソースを塗り、上に飾り、オーブンだとはかどらないというのでオーブントースターで1枚10分くらいかけて焼きました。焼けると次々に焼いて行ったのですが、結構時間がかかりました。が、土曜日の晩ごはんとしてはワイワイと面白くてよかったかな?と思います。

トッピングは、既製品のピザソース、生のマッシュルーム、ビアソーセージ、トマト、グリーンアスパラ、チーズ、それに焼いてからバジルを乗せました。
献立はそれに『おいしくできる きちんとわかる 洋食編』(婦人之友社刊)のミネストローネ、庭の菜園で採れたキュウリに単純に塩をしてポリ袋で置いておいた物でした。
 孫はミネストローネをミキサーでつぶしたのですが、子供は酸味が苦手みたいであまりそっちは食べてくれませんでした。イタリアンだからイタリア風のミネストローネがいいかなと思ったのでしたが、コーンスープとか食べやすい方がよかったかな?キュウリの方はポリポリとおいしそうにかじってくれました。

基礎から書いてあるこちらの本はとてもいいと思います。和食編の方も基礎から、ほかの料理本にない丁寧さで書いてあるのでとても助かっています。
画像をクリックすると婦人之友社のホームページにリンクします。
d0031853_1671273.jpg

[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-06-21 16:01 | 料理 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 夏至の夕闇の倉敷美観地区方面へ散歩に 家族新聞「あじさい通信」218... >>