夏至の夕闇の倉敷美観地区方面へ散歩に

 夫と夕食後7時過ぎ頃から散歩に出ました。

d0031853_23463527.jpg
美観地区、とはいえ倉敷川沿いではありません。右手の工事中の所は、倉敷で一番古いと言われる民家、井上家住宅を解体して建てなおしている工事現場です。夏至の宵なので西の空がまだうっすらと茜色です。
この時間だと商店はもう店じまいしていて、開いている所は大体居酒屋さん。歩いているのは地元の人ではなく観光客。倉敷の夜は早いのです。

d0031853_23495980.jpg
中国銀行倉敷本町出張所。もとは大原さんが作った倉敷銀行本店、文化財です。普段は日中行くので、7時過ぎまだ行員の方は残務処理をなさっているのでしょう、ステンドグラスの中からの明かりがさしているのは珍しい光景です。しかも夏至なので外が薄明るいというのも。

d0031853_23521310.jpg
こちらは商店街に入ったところです。右手奥はかつて薬種問屋だった林源十郎商店。最近雑貨屋だとかイタリアンレストランだとかジーンズショップだとかの複合施設になり、にぎわっています。明かりがついている手前のお店は、かつて名物おばあさんが経営していた理髪店だったあたりと思われますが、ずっと改装工事中だと思ったら、完全な倉敷風の外観のレストランになっていました。また食べに行ってみたいです。

d0031853_2355265.jpg
こちらは夫の母校、東小学校の運動場の向こうに、倉敷中央病院の明かりが見えています。
夫が小学生だった頃にはもちろん鉄筋校舎などはなくて、レイアウトも敷地の西の方に木造平屋の校舎が何本かあったそうです。フェンスの所は板塀だったそうです。実家は今他人に貸していて、横を通って懐かしがっていました。実家の建物があるだけいいよ、と言っておきました。
[PR]

by kurashiki-keiko | 2015-06-22 23:58 | おでかけ | Comments(2)

Commented by mmkk1114 at 2015-06-24 13:20 x
こんにちは!
文化財の銀行の建物はさすがに素晴らしい!
ステンドグラスに灯が点り、夏至の薄明かりとの微妙を感じた~
貴女の感性を、その情景を詠もうと…夜明けまで。
街の灯も遠慮するかな夏至の宵
いい勉強になりました。
ありがとうございます。
Commented by kurashiki-keiko at 2015-06-25 00:58
mmkk1114様、この銀行の建物はなかなかの物でしょう?
もとは倉敷銀行と言っていたらしいのですが、中国銀行の倉敷支店となり、さらにもっと駐車場の広い場所にできたので出張所に格下げになりましたが、建物が大好きでいつも利用しています。カウンターの前のソファに座っていると、時折ボランティアガイドの方が観光客を案内して入って来られたりします。冬場は7時と言えば真っ暗だし寒いからこんな時刻に出歩きませんが、この時期ならではの光景でよかったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 我が家の晩ごはん 土曜日の晩ごはん >>